人気ブログランキング |

タグ:デザイン ( 66 ) タグの人気記事

壁紙モール、カーテンタッセル

d0074981_18523334.jpg

諸々あり、新宿オゾンに行き
輸入中心の壁紙やカーテンなどを扱うショールームにて
図書室に貼るためのサンプルを入手。
並べるとビニールと紙の質感は一目瞭然。
紙はいかにも施工に気を使う質感だけれど、やっぱりいい。
この世界、
いままでほとんど関係がなかったけれど、
いや、ハマったら困るな、と感じてしまいました。

あぶないぞ。


...............................
by omie-L | 2011-06-03 19:09 | 進行中!つくばー平屋暮らし

鮨屋、左官仕事が進んでいます

d0074981_20222633.jpg

日本橋で進んでいる鮨屋さんも
工事が佳境にかかってきました。

左官職人さんが二つの会社から入っていて、
ひとつは工務店さん下請けとして。
もう一つは施主さんとの直接受注にて長田左官さんに
入ってもらいました。

大きな曲面とトイレ内の淡いベージュが混じった磨きの壁は
工務店さん経由で。
店のメインで光るガラス骨材の洗い出し壁をお願いしている
長田さんは、本日下塗りで初現場入り。
私の知識不足で下地に対処が必要でしたが、臨機応変に
対応いただきました。恥ずかしい限り。

左官職人さんとの交流から実を結んだ一つの現場。
いい仕上がりになってきました。
オープンは6月中旬。
d0074981_20223627.jpg


..................................
by omie-L | 2011-06-01 20:23 | 店舗設計

老舗の証 暖簾-のれん-

d0074981_18271925.jpg

お鮨屋さんの工事は現在、配管工事中。
連休中も、静かな工程は頑張って進めてもらい、
オープン目指してつきすすんでいます。

老舗の証、大きな暖簾が正面にかかるよう計画しているのですが、
正式なオーダーを前に、どんな風になるかを
布で試してみることになりました。
浅草橋に近い孝富で一間巾の布を調達して、
来週にでも現場にぶらさげてみることにしています。

事務所から歩いてぶらっと10分程にある三越本店にも暖簾が。
近代建築に暖簾がまた、日本橋らしい風情。
着物を着ているご婦人もワンピースの女性、背広姿も似合う。
お子様ランチの旗、サザエさんが行くデパート、
ライオンは夜になると動くとか、
こっそりまたがるとご利益がある、とか、
そういうのも歴史ある故...?

そんなこんなもあって連休なしでがんばっていると
ご褒美があるものです。。
テンパリングしたチョコレートがぽってりかかったような
赤いスポーツカーで日本橋を渡れば
時代をタイムスリップしたような気分、
風が気持ちよかった ^^
.............................
by omie-L | 2011-05-06 18:42 | 店舗設計

生活雑貨

家を設計していると、
当然ながら生活雑貨も気になるのですが、
無印良品だけでもどうだろう、と思う訳です。
±0の新しいショールームが
できたそうです。

バススツールと黒いワイヤーものが
気になります。

今進めているプロジェクト現場にほど近いこともあり、
こんど寄ってみようと思います。


........................
by omie-L | 2011-04-28 18:09 | つれづれ

てしお会第一回/左官職人の会

d0074981_2032141.jpg

雑誌コンフォルトの「はじめての左官」特集から
生まれた今回の企画。

あまりに素敵な時間すぎて、
とりあえず写真だけ。
詳細は後日。
出会いをつくってくださったアイシオールの皆様に心から感謝です。

d0074981_20324082.jpg

プロジェクターで映る度におおーっと感嘆の声と、
え?その言葉はなんて意味?の連続。
d0074981_20333515.jpg

熱く語る面々。話が深くて新鮮でとにかくおもしろい。
d0074981_20341377.jpg

で、わたしたち目がハート...

photo by baba-chan
.......................
by omie-L | 2011-04-23 20:34 | 家づくり日記

URUMI展:ギャラリー80

d0074981_17235880.jpg

URUMI展
輪島の若き漆作家達のグループ展

場所:Gallery 80 表参道ヒルズ
2011.3.1(火)ー3.6(日)
12:00ー19:00(最終日は17:00まで)

..................

新しいプロジェクトの話を聞きに晴天の朝、青山へ。
現地を見た後帰ろうかと思いつつ携帯を見ると
幼なじみからメール。

「漆作家になった同級生が表参道ヒルズで展覧会をしているのでぜひに」
とはなんて良いタイミング。
神宮前駅からくるっと方向転換して、坂をのぼってヒルズへ向かう。
建築ジャーナルで"けちょんけちょん"に書いて以来、
そういえば来ていなかった。
路面にギャラリーなんてあったかな、と見ると
真っ正面にすぐにみつけたのが ギャラリー80(エイティ)。

まだオープン前だったけれど、うろうろしていると
オーナーらしき方が快くドアを開けてくださった。
その瞬間思い出した。

ーあ、あのギャラリーだー

同潤会青山アパートが取り壊される少し前に、
恩師と一緒に建物を見学させていただいたあのとき、
SFや戦闘機のイラストで著名な小松崎茂氏の
展覧会をしていたあのギャラリー。
天井が低く、グレーで肌の荒れたコンクリートの一室で、
オーナーと先生が話をしていた景色が思い出されてきた。

肝心の漆作品は、伝統的技法をきちんとおさえながら
どこか今を思わせるシェイプの木地や、
イラストチックな模様が混ざっていたり、
アクセサリーとしてのかわいらしさがあったり
手に取ってみたくなるものがあって楽しめた。
友人の友人は稲見さんという男性だった。
誠実で朴訥とした語り口が印象的な
稲見氏の小さな杯は、漆らしいとろんとした姿に
ピストルやカウボーイなどの蒔絵があって欲しくなった。
何かのお祝いに、柄のリクエストをすることはできるかと訪ねると
真摯にきちんと対応してくださった。
d0074981_17304462.jpg

陰まで漆黒、とろんとまあるい。
ギャラリー展示ならでは、この場所だから発見できたこと。

挨拶をしてドアを出ると、
並木通りの手摺に腰掛けるオーナーと目が合い、
早めに開けてくださったことにお礼を言う。
それから暫く、前のギャラリーのこと、表参道のこと、
教育と文化のこと、地下水脈のこと、そして
安藤忠雄と建築のことをお話した。

ここ以外に2つあるというギャラリーのうちの一つは、
白い洋服が展示されていた。
いわゆるアパレル会社が期間限定の新商品展示をしているようだ。
「うちは、それなら開けた方がいい」
レイバンの奥で笑う目が格好よかった。


...........................
by omie-L | 2011-03-05 17:37 | つれづれ

家づくりのスタートはバインダーから

d0074981_11184557.jpg

設計がスタートすると、膨大な量の紙資料が発生します。
図面は、基本的にCADで書いているにも関わらず、
脳みその中のイメージを書いたり、
等倍で金物の収め方をmm単位で検討したり、
空気感や風、窓からの光の入り方など
やはりパソコンの画面でマウスを動かしては出来ない作業があります。

結果、膨大な紙が。
あまりエコではないのかもしれませんが、
ひとつひとつが設計の記録、と思えば愛おしく、
実際重要な記録資料です。
お施主さんとの共通認識でもあり、
後から見直していただく資料ですから、
きちんとファイルしておくことは重要!
ということで、
家づくりのスタートには、一プロジェクト毎に
専用バインダーをお渡しすることにしています。

写真は、
昨日本格的にスタートした料理教室改修工事の1ページ目。
M先生のフレンチテイストをイメージして
白い紙で仕上げた表紙にグレー文字、
クラフト紙を仕切りに挟んでいます。

このバインダーぱんぱんに資料が詰め込まれた頃、
工事が完成となります。
by omie-L | 2010-06-25 11:25 | 家づくり日記

フードソムリエで連載コラムがスタートです!

d0074981_15291186.jpg

料理家さんと食をご紹介するサイト、フードソムリエで、
「ココチイイ私の台所づくり」がスタートしました!
食だからのサイトでは異色の建築コラム。

プロ集団Helmets Laboが提案する
キッチンを中心になでて育てて行くキッチンのススメ。
第一弾は、ヘルメッツラボが得意とするステンレスキッチンのお話にしました^^
半月に一度程度の連載になります。
ぜひご期待ください。

すてきなレシピもいっぱいのサイトです。
フードソムリエ:http://www.food-sommelier.jp/
by omie-L | 2010-02-02 15:31 | つれづれ

同じ世代の人

d0074981_150790.jpg

ひさしぶりにGALLERY360°に行く。
前からお会いしたかった人の公開制作があるからだった。
彼女を知ったのは3年程前。

同い年くらいの人で何か世に発信している人を
探している時期があった。
実際の生活では、廻りに独立して仕事をしている人は少なく、
ましては女性だと皆無で、なんだか自分が異端に思えたし、
開業することにこだわらないで
誰かの為のスタッフとして仕事をするんだって、
いい仕事ができれば変わりないんじゃないか、と思う頃だった。

で、特に惹かれたのがフラワーデザイナー来本曜世さんと
書家の 華雪さんだった。
来本さんには幸運にもS-CORRIDORのオープニングに参加していただき、お会いできた。
華雪さんの個展や篆刻のワークショップには、
タイミングがどうにも合わないまま数年が経ったが、
今回ふっとお会いできた。
それも、目の前で"書く"ところを見る事となる。

室に入ると墨の匂いがする。
目の前の彼女の、驚く程色香ある空気に一瞬たじろぐ。
深い肩ぐりの黒いカットソーと長いタイトスカート、前下がりのショートボブ。
前に見たポスターはロングのストレートだったからクールに見えたのかな、
なんて心の中で言い訳するくらい照れてしまう。
5尺角位のこうぞ紙を広げ、5寸ほどある筆先に墨を含ませ手で絞る。
肩で息をする。
書く。
雪という白いものを指す字を黒い墨で書く、のを
ずっと見ていて少し混乱する。黒い字が雪に見えてくる。

書き終える。あるものは横に取り置き、
あるものは即座に丸められる。ぼいっと打ち捨てられ、
雑巾代わりに使われる紙と、最後まで作品として取り置きされる紙。
不謹慎かもしれないけれど同性だからかもしれないけれど色香を感じた。
篆刻-てんこく-の東京でのワークショップも再開するとのこと。
心が落ち着いたころ、行ってみよう。
...................
写真、シティーバンクの看板があるビルの二階がその場所。
展覧会は明日まで。
by omie-L | 2009-11-27 15:06 | つれづれ

あかりセミナー報告

d0074981_17303994.jpg

先日のデザイナーズウィークイベント
「JIDAあかりサロン」
「すまいとあかり」セミナーでは、
多くの方にお越しいただきました。

ヘルメッツラボとしてのユニットの仕事の仕方を軸に
普段思う
すまい と あかり
について、二つのプロジェクターと実際の照明、
そして壁とテーブルに置いた"お品書き"を
使って紹介しました。
by omie-L | 2009-11-10 17:32 | イベント