タグ:まちで見たもの ( 69 ) タグの人気記事

ライオンと俺

d0074981_18513737.jpg

待ち合わせ場所選びには、細心の注意を
[PR]
by omie-L | 2009-05-18 18:52 | つれづれ

神田祭-神幸祭編

三つの神輿や鳳輦と共に江戸時代の人々が練り歩く。
神様をのせて浅草橋から日本橋界隈、神田駅周辺を通って
秋葉原駅ちかくのメイドさんの横をすり抜け、神田明神を目指す。

この日はもう街全体タイムスリップ状態。
大伝馬町は、氏子総代の次に宮入(神田明神に入る)を
行う役目を江戸時代から担っている。
d0074981_22525957.jpg

これが定番の衣装。半纏は今年町内で新調したものをお借りした。
d0074981_22532110.jpg

ヘルメッツラボの前を歩く江戸時代の人々。
d0074981_22534446.jpg

宮入する大伝馬町町人。半纏の背には閑古鳥。
(photo by sasaki)
昔治世を司った人が、自分が間違ったことをしたら太鼓を鳴らして
知らしめてくれと頼んだ。でもその人は、ずっと正しい道を歩んだため、
その太鼓は使われなかった。そのうち太鼓は破れ、中に鳥が住み着いた。
そこから、使われなかった太鼓、暇なもの、から暇な店に閑古鳥が鳴く、
となったそうな。
大伝馬町の神輿のてっぺんには、閑古鳥がとまっています。

ー次の日につづくー
[PR]
by omie-L | 2009-05-11 23:04

有楽町高架下ー焼き鳥街

d0074981_1553717.jpg

ここ数日たてつづきに焼き鳥三昧。
現場撮影でカメラマンと、
打ち合わせ後に工務店さんと、
そしてオープンハウスの後設計事務所仲間と、
「かるく一杯やりましょうか〜」と行った先はなんと3日連続同じ場所。

有楽町の高架下にある焼き鳥街となった。
(といっても気に入って自分たちで選んだのだ...)

ゴールデンウィークまっただ中の飲み屋は比較的静かなもんだが
ここは連日超満員!
一部だけ古く見せかけた"映画セット風"な店もあるが、
ほとんどが本当に古いザ・焼き鳥屋。
蛍光灯で明るい店内から道路にはみ出た露天席は
裸電球や提灯の赤い光が照らしている。
向かい合ってる店の両方からビール箱の席は増殖していて
時折配達の車が背中ぎりぎりを通って行く。

電車や車が頭の上や近くの大きな道路を通っても
飲んでいる人の活気が消してしまって気にならない。
ビルの谷間から見える帝国ホテルのてっぺんが、
品のいい外国人客が多いことと釣り合っているような気がする。

屋外で飲むのが心地よい梅雨前のこの時期、
ついつい通ってしまいそうな気配...。
d0074981_15533550.jpg

この店は、テーブルの上のザルに勘定用のお金をチャージしておく。
注文したものを持って来てくれる度に精算。ついつい足してしまって安くは飲めないかも。
d0074981_15535744.jpg

(最後のphoto:by sasaki)
[PR]
by omie-L | 2009-05-05 16:00 | 食べる日記

まあるく優しい気持ち

プロジェクトスタッフとして参加したcro-house
の一年点検に同行させていただいた。 


久しぶりにお会いするお施主さんと、暮らした感想や意外な発見、
やっぱり良かったこと、こうすればもっと良かったと思うこと等々、
色々な話に花を咲かせた。
毎回、こんな風に住んでからお会いするのは緊張もするけれど、
やっぱり嬉しい時間。
住む方の率直な感想は、何にも代え難い知識になる。

帰り道、いつも見ていた樹木で覆われた家を久しぶりに見た。
ブログを始めたばかりのころ、現場に通いながらこの家をみて、
家づくりについて思い巡っていた。 
家づくりに寄せる”まあるく優しい気持ち”を忘れないで
設計していこうと改めて思う。

その時のブログ: http://omie.exblog.jp/5932904/
d0074981_139199.jpg

さらにアートになっていた...
d0074981_1384455.jpg


cro-house: by sasstyle × omiedesign
[PR]
by omie-L | 2009-04-23 13:16 | 家づくり日記

ほっとケーキ なんちゃって

d0074981_15552843.jpg

この辺りの土曜日は、会社勤めの姿がある日とそうでない日がある。
今日は、ない日のようだ。
目の前の道路では、スケートボードしている大人が数人。
ぶらーりふらふらしながら運転している自転車や、
近所に住んでいるらしき人が買い物袋を下げて歩きつつ、
窓際でパソコンに向かう私をもの珍しそうに見上げている。


新しいプロジェクトのプランを考えながら
カフェオレとホットケーキを食べる。
最近のこんな土曜日のCDは、MAMALAID RAG(02')。
リアルタイムでは聞いていなかったのに、ここのお兄さん達の
影響もあって、今は私の方がよく掛ける。

曜日によって掛けたくなるCDは変わる。
日曜日は、世間から忘れられているような感覚が気持ちよく。
自立した気分からかCarole King-A NATURAL WOMAN(94')が聞きたくなる。
でもたまに気を抜くと、すごーく寂しくなることもあるから
日曜日のCarole Kingは気をつけなければならない。

仕事で行き詰まった深夜は、平井堅。古いアルバムの方が抜けてていい。
明日は何が聞きたくなるだろう。
久しぶりに新しいCDでも探してみようか。
[PR]
by omie-L | 2009-04-18 15:59 | つれづれ

日本橋と夜桜と釣り船

d0074981_16555856.jpg

日本橋の頼れるご意見番Tさんから素敵なクルージングのお誘いをいただいた。

案内を見ると、普段は使われない非常時の乗り場から釣船に乗り込んで
日本橋の裏側を見るという。これだけで期待が高まる。
同い年で設計事務所をやっている貴重な存在、白川さんにも声をかけて
行ってみる事にした。

船着き場にいくと、乗船時間まであと30分。
寒いから飲んでねとお手製のシナモンティーをいただき、身体を温める。
さらに近くの公園には屋台ワゴンが集結、すでに背広姿が盛り上がっている。
なんて気のきくおもてなしだろう。
d0074981_1656342.jpg

20名程で出航すると、いつも地上で見ている風景とは違う
きらきらした夜景が流れて行く。
行きは地元の方の説明、帰りはなんとトランペットの演奏付き!

ペットの音色がどこか昭和を感じる。
夜風とライトアップされた桜、手をふる人。
30分の素敵な船旅だった。
d0074981_1781444.jpg

d0074981_16562157.jpg

[PR]
by omie-L | 2009-04-06 17:04 | 日本橋物語

満開

d0074981_13481688.jpg

四手辛夷 ー しでこぶし

仕事場周辺では、いま満開です。

白い大きな花びらをひらひらさせて
日の光を反射させて、まぶしいくらいです。

春ですねー。
元気出てきたー!
[PR]
by omie-L | 2009-03-30 13:49 | つれづれ

共同建て替えという方法

d0074981_16113026.jpg

都心を歩くと、
細長く立つ住宅や低層ビルが並んでいるのをよくみかけます。
それぞれの隙間がほとんどないものもあります。
立て替えするとなると、隙間をとらない訳にはいかないため、
奥行き10mの建物だとその面積は少なくても3㎡になります。
隣同士をくっつけて建てることで、その分を外部吹き抜けとして活用し、
通風と採光を確保できます。
d0074981_16482656.jpg

実際は、一軒一軒で建て替えることは費用負担を考えても困難で、
結局、世代交代の時にマンションデベロッパーに土地ごと買われて
マンションの一室に入ったり、その土地から離れなくては
いけなくなる場合がほとんどのケースです。
そして、 個人商店はなくなっていきます。
都心の一階は、ほとんどが個人商店さんでした。
下で働き上で住む。
仕事と住居が街に混じっていて、歩いていると働く姿が垣間見えるような
風景が、私はとてもいいと感じています。

南雄三さんのNCN主催連続勉強会の卒業設計として、そんな計画をしました。
敷地境界線はしっかり残り、長年住み続けた土地で住み続けるための
ひとつの提案です。
d0074981_16303350.jpg

角地に立つ強度の高い建物に、隣の建物は構造金物により連結していきます。
敷地境界線はしっかり残り、全体として強度を増して行きます。
一軒一軒よりも一体になることで有利になる手法の提案です。
[PR]
by omie-L | 2009-03-26 16:53 | 家づくり日記

銀座INAXギャラリーまで散歩

タイルのサンプルを取りに、銀座INAXギャラリーに向かう。
事務所のある日本橋大伝馬町からのチイ散歩である。
(ちなみに内の父はチイチイバックをもっている)

事務所を出て高速をくぐって裏道を三越前方面へ
中央通りに出ると、鰹節屋や山本山さんの辺りに出る。
三越を横目に日本橋をくぐってここまで5分。

左手にアカサカサカス。(→後日談でコレド日本橋と勘違いしていたこと判明...)
頭の中でなんとなく3回唱えて進むと右手には
明治屋本店、威厳ある建物が好ましい。
d0074981_19385539.jpg

左手、ビルの一階に小ぎれいな空間がある。
よく見たらDICのショールーム。
色の博物館と書いてある。外から見ると真っ白。そうなるんだなぁ、と納得。

この辺りから銀座の匂いがしてくる。

正面左手にINAXが見えてきた。
街のあちこちがなんだかピンクだと思ったら、バレンタイン!!
すっかり忘れていた。
浜松のラ•ベリテに注文しておくのを忘れてしまった....。
時期を外してお願いしよう。
INAXショールームの入り口は小さい。昔のロマンスカーの窓の
ような曲線でくりぬかれたようなデザイン。赤と白。
d0074981_19392462.jpg

言われるまま5階に上がるとタイルが並ぶフロアに出た。
家づくりにタイルの出番は最近減っているが、
それでもなかなか楽しい素材だと思う。考えたら、
案外私は使っている方かもしれない。
結局は、新建材系の樹脂よりはあきない。艶は古ぼけない。かわいい。
目地が気になる方はグレーにすると良いですよ。
出てきたクッキーはなんとホテルオオクラの特注、さすが。
d0074981_19534039.jpg

一階のINAXブックギャラリーは、小さいながら
建築と食べ物の本が充実している。
以前お世話になっていたお師匠さんの書いた「建築バカボンド」と、
「コーヒーが廻り世界史が巡る」を買う。

明日、寄居で以前建てさせていただいた住宅にお邪魔するので、
伊東屋で何かステキなものを、と物色するも
なにもない。なんでこんなにない?
伊東屋は、文房具屋からギフトショップになって心底つまらなくなった。
結局、DALLOYAUでチョコレートとフレーバーティーを選んだ。
ついでに、Helmets Laboにオペラを買って
今年のバレンタインは終了にした。

せっかくなのでimaiさんに教えてもらった「いい自転車屋」さんに行ってみる。
見るからにimaiさんが好きそう。実直な空気がただようビル。
一階に、若いご主人とお母さんらしい方と小さな娘さんが見える。
ひょこひょこ覗いていると招き入れてくれた。
d0074981_19475355.jpg

残念ながら、いいと思ったラレーは予約済み。
昨年の質のいいバージョンらしく、もう入手は困難だと分かる。
がっかりしたようなホッとしたような。

歩き疲れて、帰りは日比谷線で帰る。事務所まで25分。
自転車だったら事務所から銀座まで10分かからない。
うーん、やはり自転車が欲しいなぁ。
[PR]
by omie-L | 2009-02-12 20:14 | 家づくり日記

練習中〜


d0074981_15234463.jpg

[PR]
by omie-L | 2008-12-18 15:33 | つれづれ