タグ:まちで見たもの ( 69 ) タグの人気記事

人形町のおでん屋さん

d0074981_18104444.jpg

夕方、講師の仕事を終えて仕事場に戻ったとたん、
決算書の〆で税理士事務所のある人形町へ。
夕方の青っぽい町を自転車で行くのは、気持ちがいい。
会社帰りの人々の横をすり抜けて甘酒横町に到着。
いつも行列のタイヤキ屋さんを通り過ぎて
カゴの品揃えがいいアラモノ屋さんを過ぎたら雑居ビルの3階へ。
懐かしい丸ポッチの階数ボタンを押して上りする
エレベーターが開くと、鉄製の扉が二つ。
その片方を開けると、蛍光灯に照らされた事務所がある。
人形町は、
かわいいビルがまだまだ残っている。

税理士事務所では、大先生が事務員さんと年賀状を印刷中。
(早い!さすが。)
私をお世話してくれているKさんは外出中なので、
スタッフさんが丁寧に対応してくれる。
印鑑を押してそそくさとおいとま、再び人形町の町を進む。
いつも気になるおでん屋さんはお持ち帰り専用。
お母さんの身体だけがのれんの下から見えている。

いつか、ここで買って近くの家で食べるような
生活がしたい。
近いのに、大伝馬町と全然違う空気が流れている。


.........................................................
[PR]
by omie-L | 2010-11-29 18:21 | 日本橋物語

屋台に埋もれてます

d0074981_11282012.jpg

今日あした、
ここ大伝馬町はべったら市です。
うちの仕事場は、屋台に埋もれています...^^

お越しの際は、
七味屋さんの横をすり抜けてどうぞ。
ここの七味は山椒が効いて
おいしいですよ。
おじさんは、
顔は恐いですが、笑顔がやさしい人です。
d0074981_13502667.jpg



.....................................
[PR]
by omie-L | 2010-10-19 11:30 | 日本橋物語

提灯が灯れば...

d0074981_1952112.jpg

静かです。
あと2日、じっと
気持ちの高ぶりを
閉じ込めているこの時間が
なんとも
言えないのです。

べったら市:10/19,20
神輿は19日夕方、動き出します。
......................................
[PR]
by omie-L | 2010-10-17 19:53 | 日本橋物語

祭りの準備

仕事場がある日本橋大伝馬町では、
10/19,20に祭りがあります。

べったら市といいます。

歴史が長く毎年多くの人で
にぎわう2日間。
今年は平日なので、近くに勤めている
OLさんや背広姿のおじさまたちが
屋台ランチを楽しむ姿が見られます。
わたしも町会のお手伝いでうろうろしているはず。
19日は神輿を担がせていただきます。

通りには、すでに鳶さんたちによって単管足場の枠がつき、
提灯がぶらさがるのを待っています。


...........................
[PR]
by omie-L | 2010-10-06 18:31 | 日本橋物語

喫茶店ー女鳥羽

d0074981_15111591.jpg

昨日は、筑波の家の施工をお願いする
渡辺建工さんにお邪魔してきました。

遠いですよ...に気合いが入りすぎてか
何度も調べたあげくに1時間早く出てしまったワタシは、
三田線玉戸駅に早々到着。
ちょっと探検、と思い駅ホームを出た。
予想通りなにもないと思いきや、
100m先にちらほら看板が見えるので歩いてみた。
ダイソーやスーパーが見える。
お昼ご飯もありつけるかもしれない。
更に進むと何やら年期が入った建物が。
木製看板によると喫茶店のよう。

女鳥羽ーめとば

カランカランとドアを開けると
重厚な濃い木材の壁と床、大きなランプ、
年代物ジャガーの額入り写真と絵、
じりじり音をたてて首をふる昭和の扇風機、
ふりこ時計がいくつも並んでいる懐かしさ満点の店内。
お客さんは3組ほどでそれぞれ
クリームソーダ、生姜焼きらしい定食
焼きそば、ラーメン....を食べている。

失礼だがそんなに人気(ひとけ)がある場所とは思えず、
でもメニューが豊富で選ぶのに困る、というか
材料は冷凍か...はずれがあるかも、はて、とちょっと尻込み。
ここは素直に聞いてみるのが一番と、
マスターに「おすすめは何ですか?」とほほえみ聞いてみた。
「お薦めいってもだいたい違うもん注文するんだよね」
と言い残して放置された...。
確かにそんなときもある。
きっと何度もくやしい思いをしたのだろう、
マスターごめんと素直に反省...。
「じゃあチキンソテーにします」
じゃあ、が素直じゃない私..
ところがこれが出て来てびっくり、立派でおいしい!
結局アイスコーヒーも入れて日本橋より
ずっと高級な1500円のランチを食す ^^ 。

お会計をしようと店の奥に目をやると、
一段下がったフロアがある。
じっと見るとそこには、ビリヤード台。
それも3ボールと9ボール用がそれぞれずらっと。
さらに奥にもみえる。
暫く見とれたうえ、お願いして写真を撮らせていただいた。
d0074981_15122327.jpg

工務店のW専務に後から話すと、
35年以上は前にあったらしく、
「よくあの店に入りましたね」と笑われる。

こういう店に出会うと映画を撮りたくなる。
前は、寄居の休業中の理髪店。
そして今回は喫茶店ー女鳥羽。
その最盛期の空気を部屋いっぱいに閉じ込めて
今は静かな日差しが差し込んでいる。

............................
[PR]
by omie-L | 2010-09-10 15:13 | 進行中!つくばー平屋暮らし

大伝馬町の夏祭

この前の日曜日、カンカン照りの中、
大伝馬町一之部町会青年部(平均年齢アラカン?)による
夏祭りがありました!
私達ヘルメッツラボも"水なし釣り堀"担当!
スタッフEくんKくんもがんばってくれました。ありがとう^^
その模様をご紹介。
d0074981_2233059.jpg

中央区一!長い流しそうめん。すいか割りにドジョウツカミ!
巨大子供プールが3つ並んでホース噴水付き。
初体験のことばかりで子供たちも大人も大喜び。
d0074981_2233340.jpg

釣り堀、最後の一つ!大物とれたぞー^^
d0074981_2233578.jpg

お祭り後は、路上反省会。
d0074981_2233750.jpg

途中、なぜかマイク登場(串にささったタバコ...)
d0074981_2234048.jpg

てんぷら秋山さん、大真面目で反省点を指摘。
d0074981_2241179.jpg

老舗ハンコ屋銀杏堂の橋本さん。熱く語る。
d0074981_22413100.jpg

ヘルメッツラボササキも、きちんとマイク使用。
......
今年もケガなく楽しんでもらえたことを、
心から嬉しく思います。
このお祭りは、マンションに住む新しい住人さんにも
街に参加して好きになってもらおう!と始まりました。
その地元の方の心意気に、いつも熱くなります。
みなさん〜、来年また来て下さいね!
.................................................................
[PR]
by omie-L | 2010-08-24 22:19 | 日本橋物語

産地直送夏野菜が来ます!7/14-16

d0074981_11301926.jpg

Helmets Labo | 夏野菜を食べよう!
ーCETエリアに "野菜の無人直売所" 出現!ー

暑い夏は、
夏野菜をがぶっと食べて乗り切りたい。
産地直送、埼玉県鶴ヶ島産の新鮮野菜を、Helmets Laboオフィス前で直売します!
トマトをかぶりながらオフィスへ戻る?

[場所]Helmets Laboオフィス前 
[住所]東京都中央区日本橋大伝馬町3-1
[地図]http://cet-trip.com/sites/helmets-labo/
[日程]2010.7月14日(水) - 7月16日(金) (3日間限定!)
[時間]10:00-19:00  ※初日は荷物が着き次第となります。

販売野菜リスト:畑の状況によって変わります。
とうもろこし150円、トマト100円、ピーマン(3個)100円、じゃがいも(3個)100円…他

※一人暮らしにも便利な少量、1コでも買えます。ランチにお供にどうぞ^^

--------------------------------------------
※特別限定セット
◎その日の朝採り!鶴ヶ島野菜を限定10セット販売!(要予約)

金曜日の朝に収穫した野菜を、その日のうちにお渡しします。
なす、とまと、とうもろこし、きゅうり…他、
その日の出来具合によって、おまけあり!中身はおまかせください。
エコバックに入っています。      ・・・ 1000yen(税込)

[引き取り日]2010.7月16日(金) の16:00-20:00
[場所]Helmets Labo
[申し込み先]info@helmets-labo.com/03-3669-1217(ookawaまで)
または、ヘルメッツラボのスタッフにお声かけ下さい。

--------------------------------------------

 Helmets Labo×古今塾 |夏野菜をたのしむ会【イベント】

スーパーで売っている野菜と、
どこでどんな人にどんなふうに作られたか分かる野菜。
どっちを食べたいですか?

古今塾スタッフの農業あれこれ話とともに、
新鮮野菜をシンプルに味わってみませんか?
埼玉県鶴ヶ島と日本橋大伝馬町をつなぐ「食」イベントです。

[参加費]1000円(税込)ビール+夏野菜料理+小さい土産付
[場所]Helmets Labo
[住所]東京都中央区日本橋大伝馬町3-1
[地図]http://cet-trip.com/sites/helmets-labo/
[日程]2010.7月16日(金)
[時間]19:00-21:00
[申し込み先]info@helmets-labo.com/03-3669-1217(ookawaまで)


◎朝採り鶴ヶ島野菜を限定10セット販売!予約受付します。
 1000yen(税込)・・・参加費とは別になります。
--------------------------------------------
主催:
Helmets Labo:http://helmets-labo.com
古今塾:http://towntip.jp/tsurugashima/sns/community.php?bbs_id=98
d0074981_11302349.jpg

[PR]
by omie-L | 2010-07-13 11:37 | イベント

料理教室プロジェクトが始まります。

d0074981_1810339.jpg

後楽園駅から中央大キャンパスの横を
歩いた先にあるマンションがその現場。
料理教室をされているM先生との
打ち合わせに行ってきました。
レンタルスペースで活躍されていましたが、
本格的な教室の場所を求め
中古マンションを購入、
改装して
新しいキッチンスタジオが夏頃スタートします。

キッチンを中心とした計画ですが、
お嫁さん修行として必須...という訳ではない
いまの料理教室は、生徒さんにとっては
ある種、"癒しの時間"。
室内の空気感も大切にしたいところです。
完成したら、私もぜひ行ってみたい。
本格的なフレンチを中心に
勉強できるそうです。
...............
写真は、後楽園駅上にある公共施設内部。
コンサートホールに並ぶ人の列があまりにも暗がりの中だったので、
こういうの残念だなぁと思ってi-phoneで撮ってみたら....
写真にしたら、
案外きれいに写ってしまったのでした。
[PR]
by omie-L | 2010-06-14 18:14 | リノベーション

大伝馬町青年部、会合

d0074981_19253655.jpg

ヘルメッツラボがある日本橋大伝馬町は
町内会がすごいのです。
何がすごいかってここでは書ききれないので^^
とりあえず先日の青年部会のご報告を。
青年部会の会長さんは、やっちゃんからあっちゃんへ。
夏祭りは8/22に決定。
恒例の青竹でつくる長ーい流しそうめんや、
巨大子供プール(寒い時は温水)を行うための
真面目な打ち合わせが終了した後は、ビールで乾杯!
その後移動して横丁にて二次会。
細い路地には、世話役さん達の店も並ぶ。
天ぷら秋山の塗りのちゃぶ台を立ち食い蕎麦ボウさんチのポリバケツにのっけて、
超豪華な宴がつづく。
ボウさんは色んなツマミを持って来てくれて
うちには割り箸だけはいっぱいあるんだ〜、とご提供いただく。

新参者の私達を大きな懐で迎え入れてくれる心優しき町内会。

むこうの空を見上げれば、
かの有名なマンダリンオリエンタルホテルが光る。
「こっからみるあの光がなんともいいんだよね〜」

..........
毎回ものすごく盛り上がって顔が筋肉痛になるもんで、
「テレビも聞こえやしねぇっ」て怒られちゃいました^^
ご近所さん。ごめんさないー!

べったら市の提灯もそろそろ申込みが始まります。名入れしてくれる白い提灯は、
この街を好きになってくれる人なら誰でも出せます。一つ3500円也。
ご希望の方は、名入れの字面と合わせてお知らせ下さい。
わたしも今年は、会社名と合わせて個人名で出そうかな。
[PR]
by omie-L | 2010-06-07 19:42 | 日本橋物語

金曜日の夜は

d0074981_13253427.jpg

週末になるとワクワクする感覚を再び!と
4月終わりのブログで宣言したこともあって、
(ちなみに宣言したこの日はビールを飲み損ねた...)
今日は夕方打ち合わせが終わった後に
最近よくお話する機会がある同業の女性と約束をしておいた。
周到でささやかな週末計画^^
同業者とじっくり話をすると、自分の方向性を
クリアに感じられてとても良い。有意義な時間。

すまいとのIさんによると、
ここ数年は30代の設計者独立が急増したらしい。
不景気だからか単に無謀だからか、はたまた....。

私が独立したきっかけはシンプル。
一生この仕事がしたかったから。
現状この業界で、女性が設計事務所という仕事を一生するには
所員というカタチがありえない、と私は思っている。
だいたい夜は遅いしお給金相場はかなりお安い。
休みはないし現場で足場に登るから
スカート、ハイヒールは履けない。
社会人最初に屋根に上った時は、ワンピースのスカートだったのを思い出す。
大工さんに中が見えるぞーと冷やかされた。
(見苦しかったであろう、ごめんなさい...)
体調を崩すかちょっと心を病んじゃうか、結婚したら辞める。
これがよくあるパターンで二度と復帰しない。
でも、この仕事を愛して続けている人も多い。
一生続けるには自分でやるしかない、と
本気で思っていた頃、自分宛にお仕事をいただいた。
そのお施主さんには今でも深く感謝している。

そして独立した。

自分が所員さんを迎える時は、
女性所員が子供3人くらいは育てられるような会社にしたい、
と本気で思っていた。今もそれは変わらない。
だから、そうそう迎え入れることも出来なくて
それもこまったもんではあるが、
最近少し、良い縁があればと思っている。
もちろん性別にこだわりはないけれど
設計と人との関わりと、
できれば私をスキになってくれる人がいたらぜひ
一緒に仕事をしてみたい。
設計の仕事は一生モンだと思う。その価値がある。
歳をとりつつその歳にあった設計がある。
その歳なりの価値がある設計者になりたいものだ、と
思う今日このごろ。
...............
写真は、先日実家サービスで行った草津で見付けた
ドイツ人建築家ブルーノタウトが来た印。
熱海でも活動していたし、どうやら日本の温泉が好きだったらしい。
[PR]
by omie-L | 2010-05-14 13:44 | つれづれ