<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

置くだけの無垢フローリングタイル

d0074981_1231519.jpg

photo by michiho
3月までの仮事務所は、ザ・昭和なオフィスビルのため
床はタイルカーペット。
ちょっと味気ないのが気に入らなかったのですが...。
R不動産toolboxで入手したよいものが、思いのほか
ハマっていい感じになりました!

そのホームページ上で、うちの様子が紹介されています。
他の商品も、興味深いものばかり。
ぜひチェックしてみてください♪

http://www.r-toolbox.jp/blog/ラグ的フローリング/
[PR]
by omie-L | 2013-12-27 12:32 | つれづれ

杉板も立派な断熱材です

d0074981_2272859.jpg

築25年の木造住宅の改装。
この時代は普通と言えますが、1階床は断熱が無かったため
相当寒く(場所は入間郡越生)、今回の内装改装に合わせて
断熱を強化することになりました。
床を受ける根太間にスキマができないようにぴちっと入る
断熱材を入れて、上に厚み30ミリの立派な西川材。
地元の杉板を仕上げとして敷き込みます。
杉も立派な断熱層として機能してくれます。
触ってもあたたか、夏はさっぱり。

やっぱり無垢材の床って、よいです。

...................
[PR]
by omie-L | 2013-12-17 22:06 | つれづれ

ウールカーペットの魅力にハマりそうです

d0074981_1295310.jpg

日本橋で進んでいる自宅プロジェクトは、屋根のアスファルトルーフィング
(仕上げ下の防水シート)まで進み、構造用合板が外壁の外側に貼られ、
仮(につけられていた)筋交いが外されてきました。
3階はバスサニタリーと唯一のまともな個室"母の部屋"と、中間領域の中庭
があります。母の部屋は栗の白染色フローリングを考えていましたが、
ずっとカーペット生活をしていた母から「やっぱりカーペットっていいのよね」と
ほんのりリクエスト^^
「それでしたらば良い物がございます」とコンシェルジュオオカワは
堀田カーペットから選ぶことに♪
工場まで見に行ったあこがれの国産ウールカーペットを
自宅で使えるのはちょっと気分が上がります♪
堀田さんから以前レクチャーを受け、ヨーロッパではアレルギーには
かえってウールカーペットが良いとされ保育所などでも採用されている
(ほこりが対流しない、ウールの織物は通気性がよい)
高級ホテルで使われていることからも分かるようにメンテナンス能力が高い
(掃除機で刈り取っていくことで品質が維持できる)等々、新しい発見をしました。
とはいえ化繊カーペットで育ちフローリング信仰世代の私としては
試してからでないと建主さんにはお勧めできない。いい機会を得ました。
まあ、難しいこと抜きにして、総厚12ミリ+フェルト(下に敷く)の歩き心地は、
高級ホテルな訳です。
ちなみに価格は、高級フローリングと同じ位、になりそうです。
................................
d0074981_12125062.jpg

いつかこういうカチッとしたタイプも使ってみたい。
ステキです。

................................
[PR]
by omie-L | 2013-12-11 12:13 | 自宅プロジェクト

塗装の框ドアがすてきです

d0074981_21123252.jpg

数年前に改装工事を設計、工事監理させていただいた
後楽園からほど近い場所にあるフレンチメインの料理教室、
ラ・ターブル・ド・エムの料理家さんから、
メンテナンスと一緒に念願だったドアの取り替えもしたい、と
ご連絡いただきました。一つ一つ四角の大きさやバランスを
検討して、既存の枠をそのまま利用したとは思えない納まり具合...^^
海外のご友人宅の写真をイメージしつつ、このお部屋とオーナーに合うよう
適度な甘さまで落としたちょっと"きりっ"としたドア。
白のベタ塗りで、いい感じです。
ふたりできゃーきゃー言ってしまいました♪
.........................
[PR]
by omie-L | 2013-12-10 21:13 | 店舗設計