<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

子供部屋の仕切り方

d0074981_20315334.jpg

もうすぐ竣工をむかえるこの家には小さなお子さんが二人、
女の子男の子なので最初から個室を分ける予定でしたが、
コスト調整で仕切り壁がなくなりました。
キッチンはオーダーだし床暖房に厚付き三層フローリングと
無垢フローリング、それらは残しました。
主寝室というしっかりした個室がある、
あと三年は子供たちは一緒に寝るだろう、
個室よりも他を優先した訳です。
間仕切る予定の位置には梁と柱を残したので、
頑張ればDIYできるしカーテンや本棚で仕切れます。
大工さんにお願いしても10万かからない程度でできそうです。
仕切らなかったおかげで、暫くは広々とした「個室」を楽しめるじゃない、
という前向きな選択肢です。

一方同じく仕切られた個室なしで完成一年半経過する
お施主さんからは、お子さんが超難関高校に合格したという
たいへんめでたいお知らせが。
「個室を作らないでリビング学習させた成果ですかね〜」と
お話されていました。メンテナンスでお伺いした際に、
さてお兄ちゃんも高校生になるし、個室を作るんですか?と聞いたところ...、
隣にいた監督さんがやめた方がいい、としみじみ話し出しました。
「うちがそうだったんだけど男の子は個室を持つと
急に親と話さなくなりましたねー、
女の子は器用だから上手いこと親との距離をとりつつ
個室を出たり入ったりするけれど。」
いま実感されているだけあって、、、説得力ありました^^

住む人によって個室の区切り方の解答は様々です。
仕切り方が親との距離感だとすれば、大人になる過程で全く無くても困るわけで。
でも壁がなければ欲しくなったとき自分でなんとか工夫して作る!位が
たくましくてよいのかもしれません。
........................

私は....兄、姉の三人兄妹。姉と一緒だったときは二段ベッドの下に
幕を張って懐中電灯を持ち込みご満悦だったけれど、
個室をもらってからはリビングにずっといたな。
部屋が散らかっていてよくしかられました。
自分のテリトリーがいらなかったから個室が大切じゃ
なかったんだと今は思います。兄の部屋も散らかって相当すごかった!
姉は部屋が片付いていたなぁ。

今、私の部屋は片付いています(それなりに)。
それは、自分のテリトリーとして認識したからだと思います。

..........................
[PR]
by omie-L | 2012-02-23 20:37 | 家づくり日記

素材そのままと手をかけるおもしろさと

d0074981_15213877.jpg

ご近所さんに、いちごを山盛りいただきました。
そのまま思う存分食べて、少し痛んできそうな分だけ
自宅に持ち帰りました。
日曜の朝にさっと煮て、4枚切りのトーストに
のせて食べたら美味しかった。
食べている途中、思わず写真を撮ってしまうくらいの
この色がなんとも素敵。

ジャムほど甘くしなくて済むし、
面倒な煮沸をしなくてもまあ2週間は保つでしょう、
お菓子をつくるよりずっと気楽です。
これにソーダを加えたり、ジンを入れてもよさそう。
果物に熱を加えるのは贅沢ですが、
コンポートやジャムをつくって食べる美味しさは
そのままとは違う楽しみがあります。
...
といいつつ、
また保存食をつくる欲求がふつふつ。
味噌、アンチョビ、らっきょ、梅酒....。
保存食をつくって、食べられるようになるまで待つのが
たのしいのです。今度は何を保存しようか。
...................
[PR]
by omie-L | 2012-02-20 15:30 | 食べる日記

ネダノンマーク

d0074981_14291192.jpg

先週末、茅ヶ崎で進んでいる現場に行きました。
計画段階では天井面の構造体でもある合板の木目を、
そのまま無塗装で楽しむはずだったので
ネダノン/JIS○○○というスタンプを見せないよう手配していました。が、
手違いによりばっちり室内側にスタンプが...。
お施主さんと何度も検討した結果、合板を白く塗装することにしました。
せっかくしてもらうのなら、と梁も白くするところと、
梁だけ木肌を残すところと分けて、インテリアの違いを楽しむことに。

塗っている様子をみてご主人が
「一つだけ記念にネダノンマーク、残しておく?」なんて
言うもんですから、奥様は「えー!」とびっくり。
本当にそうしたくなりましたが、止めました^^

工事中に、既に我が家に愛着を感じる様になるもんです。
作る過程も住む方に見ていただける家づくりの良さですね。
.........................
[PR]
by omie-L | 2012-02-08 14:39 | 茅ヶ崎の家

室内履きをつくる:土間のある暮らし

家の室内に土間をつくることをお勧めしているワタクシとしましては、
土間履きルームシューズにいいものがないか日々探しているのですが、
なかなかよいものがありませんでした。
イメージはスリッパより素足に近く、靴下よりしっかりしたもの。
床暖房を入れればかえって靴下くらいが気持ちよいし、
夏も裸足の方がよいこともあるけれど
汗が気になるとか、足の裏への固さをちょっと緩和させたいというのが意図。
フローリングの床に行く時に脱がなくても違和感無く、
脱いだときに床に置いてある姿がしっくりくるものが理想。

そんなとき、おお!と食いついたのが無印からの案内でした。
無印のモカシンルームショーズをつくるワークショップ
先生は靴作家のJUCO.さん。
無印良品渋谷店のお店の一角、いつもはベッドが置いてあるスペースに
特設ワークショップスタジオが出来ていました。
初めてお会いする方達と同じ机に座って、ちくちくちくちくと
同じものをつくる時間を満喫。この感覚は女子だけの特権でしょうか..?
途中から”我がテーブル”と自分達を呼び、
大いに盛り上がったテーブルでした^^
.................
d0074981_14485856.jpg

パーツは2つだけ!既に縫うための穴があいていてロウ引糸で塗っていきます
d0074981_1449505.jpg

ぺろんと立ち上げると、かかと出現!
d0074981_14502034.jpg

甲のパーツを合わせていくときのギャザーがポイント
d0074981_14511340.jpg

両脇にハトメをあけて
d0074981_14521566.jpg

紐テープを通したら完成!革ひもに取り替えると好み...
d0074981_14545471.jpg

中敷きを入れてここまで約2時間。なれると1時間くらいでできそうです。

無印からキットが販売されるといいなぁ。
なにがいいって、自分の部屋のクッションやカーテンと合わせることもできるかも...。
素材として用意されたのは無印ファブリックのあまり布で、
並べてみると、きちんと無印の顔をしている。
軽くて履いている感がないけれど、中敷きはしっかりしていて歩きやすく、
イメージしていた履き心地に近いです。

土間履き用として良さそうです。
実際に履いてバージョンアップさせて、研究してみようと思います。

..........................
[PR]
by omie-L | 2012-02-05 15:04 | 土間のある暮らし

モカシンをつくる編:無印良品のワークショップ

d0074981_2031165.jpg

昨日、無印良品渋谷店のワークショップに参加。

無印の残り布をリサイクルして、
室内履きモカシンをつくろう!という企画で、
案内が来たとたん電話して参加しました。
というのも、室内土間を設計することが増えてきて
そのたびなにか使い勝手のよい履物を考えないとな、と
思っていたからです。
素足も気持ちよいのですが、季節によっては何か履きたい。
でもスリッパじゃちょっと物足りない。
布でつくるモカシンなら、かかとを踏んでスリッパみたいに
履くこともできそうです。

できばえはもちろん、初めてお会いする方と一緒に
つくる時間がたのしく、思わずみんなのを並べて記念写真。
靴職人のすてきな先生はじめ、
作って行く様子は明日以降紹介していきたいと思います。
これ、とてもよいと思います。


.........................
[PR]
by omie-L | 2012-02-04 20:35