<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

できること


d0074981_1364553.jpg

d0074981_1371741.jpg

大きな地震があった四川省に
18年前の夏、わたしたちは訪れていました。
四川省奥地の崖地につくられた墓のレリーフに
日本の古いお寺に残る建築様式のルーツがある
ということを
確かめにいくためでした。

険しい道を進めば進む程、水は澄み空はひろく
人々の瞳は、温かく
笑顔は親しみ深くなっていきました。

地震大国の日本に住んでいるわたしたちとして
建築を専門としてるものとして
今後できることはなんなのかを考えていきたいと
思っています
[PR]
by omie-L | 2008-05-25 13:07

鉄のような器

d0074981_1820437.jpg

d0074981_1820451.jpg

作家自ら、作った器に合った料理を盛りもてなしくれる
なんて贅沢な、でもちょっと緊張する一時を楽しんできました
築地の女将に誘(いざな)われ徹夜開けのハイテンションなままバスに乗りおしゃれな町、恵比寿へ
そういえば今日は土曜日だった
のどかな風景が流れている
ふと、自分の息も抜けたきがする

三越の一階「クロスィーギャラリー」にて…
デパートの一階といえば化粧品にお洋服が並んでいるはず、魚料理が並ぶとな?
行って納得、一つのテーブルの周りだけほんのりカフェになっている
椅子に座ると、錆た鉄のような薄く小ぶりな器に梅酒と氷
続いて白い器に涼しげなゼリーが盛られてくる
作り手は、水野幸一さん
朗らかな中にするどい感性を感じさせる

おいしい
料理が入って、持ちやすさや口当たりのよさが分かる
思いの外、安定感がある
器にきちんと重心を感じる

鉄から切り出したような平たい角皿を連れて帰って来た
刺身、漬物、和菓子、今晩何をのせようか
明日も楽しめます、ぜひお出かけを
[PR]
by omie-L | 2008-05-17 18:20

Profile

d0074981_13121174.jpg
「つくるプロセス」と「結果できるもの」
その両方を大切に、つかう人が納得でき
長く愛着が持てる空間づくりをしたいと
思っています。

写真は、愛用している手帳とペン。
..............
大川 三枝子 ookawa mieko   一級建築士
オオカワ建築設計室 代表

連絡先:
103-0011東京都日本橋大伝馬町3-1 Hlmets Labo
TEL:03-6991-1217 FAX:03-6991-1219
mail:omieno16@yahoo.co.jp

仕事:戸建住宅、店舗、集合住宅 等の新築、リフォーム
   に関する設計・現場監理業務
   家具のデザイン・製作
 ほか..
   月刊誌「建築ジャーナル」にて建築をあるく連載中
   町田製菓専門学校にてインテリア講師
   グラフィックデザイン       

好きなこと:
煮込み料理、 コーヒーを入れること、 銭湯 おすすめは「広尾湯」
葉巻きの世界(たばこは吸わないが...)

..............
1973. 兵庫県宝塚市生まれ
 その後家族で東京に移転、家では関西弁のバイリンガル
1995. 東海大学工学部建築学科 卒業

1995.OMソーラー協会会員(株)東建ハウジング入社
1999.ドイツ テュービンゲン、フライブルグに一人旅
   エコハウスとコーポラティブハウスを見に行きどっぷりはまる
2000.(株)ヘキサ(大阪)コーディネーターとして勤務
2001. 世田谷区都市整備課公園担当に役所短期留学
2002.(有)岡村泰之建築設計事務所 勤務 住宅を中心に設計経験を積む
2006.フリーランスにて設計活動スタート
2008.オオカワ建築設計室 開設

最近の仕事:くりんち (2006)
      寄居の家 (2007)
      S-CORRIDOR  CRO-HOUSE(佐々木善樹建築研究室+)(2008)
      伊勢原動物病院 2008           他

 家・店づくりをはじめご相談したいことがあれば気軽にお問い合わせ下さい。
 まずは、思うままにお話しませんか?
 コーヒーの用意をしてお待ちしております。
[PR]
by omie-L | 2008-05-17 13:12 | プロフィール

木は木らしく

d0074981_1393073.jpg

木造でもコンクリートでも
まっ白い家が多くなって久しいです
これは一体モトはなんなのか
わからないこともしばしば
みんな白い固まりになります
わたしはと言いますと、ここ最近は
木は木の顔をしてください
という仕上がしっくりきます
ペンキで白くする場合も、うっすら木の肌が
浮きでいるような仕上もいいものです
壁を塗装するときも、刷毛ムラがいい感じに
入っているのに味を感じます
それを、作った人の手が残る、と表現している人がいました
もちろんケースバイケースですが
素材のもっているそれらしさ、を
うまーく活かせるようになる方法を
模索しています
[PR]
by omie-L | 2008-05-16 01:40 | 家づくり日記

花=ココロをおくる

いせはら動物病院のOPENです!
http://www.isehara-ah.jp/

数々の難関を乗り越えて、無事オープンを
迎えることができて本当によかったです。
ahedさんと共に、今後も末永く
おつきあいさせていただければと思っております。

残念ながら、今日は直接伺うことができず
こころからのお祝いの気持ちをこめて
花をおくりました。ちょっと余談ですが...
お祝いに花を贈る時、花屋さんにお願いする訳ですが
自分の感覚をぴんっと分かってくれるお店とそうでない店があるもんです
なんとなくイメージと違っていたり、それよりも
言っても言ってもイメージが伝わらなかったりして
ちょっと残念になることもあります
花束を作ってもらっても、結局あとで
組み直したりすることも(花屋さんごめんなさい!)
で、今回は、オープンハウスカフェでお会いできた
日比谷花壇の来本さんと背戸さんにご相談して
日比谷花壇のHK+モードのデザイナーさんに
お願いできることに。急なお願いにも関わらず、
花の入荷状態をチェックした上で、先生のお好きなカラーを
きりっとしたグリーンと組み合わせてくれました。
....お任せしてよかった。

「華やかな中に凛とした格好良さがある」
と私が思う先生のイメージを伝えたところ、イメージ以上のイメージ通り!
(なんだそりゃ)ステキなアレンジです。
今日は話が脱線しますが
飲み屋に行って、さりげなく私好みのつまみを
出してくれた時のようなこの快感。
更に画像を送ってくれた心遣いに、さすがデス、
と感心しきり。
最近、
私のまわりにはカッコイイ女性が
いっぱいです。
.......
花をおくる のは ココロをおくること
.......
ちょいと恥ずかしいですが、お仕事を通じて
色んな方と、ココロのやりとりができることが
とてもしあわせに感じる今日この頃です
d0074981_1641542.jpg

design by:日比谷花壇エイチケイプラスモード
白金プラチナ通りショールームデザイナー
http://www.hkplusmode.com/
[PR]
by omie-L | 2008-05-15 17:10 | 店舗設計

育てる空間

d0074981_19483016.jpg

d0074981_19483062.jpg

いせはら動物病院には、本日医療機器が設置されました。
オープンの5/15までは準備で大忙しです。

新しく設置したトイレは、格子が入った型ガラスから外の光が
やわらかく入ります。かわいく清潔に仕上がりました。
先生が、さっそく用意したアイビー型のジェルシールを
貼っていて、ぐっとやさしい雰囲気になりました。

世の中には、
隙のない完成された空間と
手を加えたくなる空間 の、二つのタイプがあります
それにもう一つ突っ込むなら、
なんとかしたいけれど、どうしたらいいのか手のつけられない空間

使う人が、手をかけたくなる空間というのは、
愛情をかけたくなる隙というか、余地のようなものがあるのだと
思っています。
こんなふうにしてみては?ということを伝え合ったりする、
ふとしたやりとりが大切でもあります。

奇抜だったり派手なものではなく、
先生の人柄が感じられるような動物病院 ー
最初に感じたイメージが、工事が終わったこれからも
少しずつ育って行くような気がしています。
[PR]
by omie-L | 2008-05-12 19:48 | 店舗設計

最近ショックをうけたこと

といえば、思い出したくもないあの雨の夜

表参道で懐かしい顔と楽しい呑み時間をすごし、さぁ仕事に戻る前に
銭湯にいくぞ〜っとスキップする勢いで清水湯へ向かう
いつもの路地を入ってみるが...みつからない

あれ、ちょっと酔ったのかな、違う道に入ったらしい
あれ、となり筋も違う、さてやっぱりさっきの路地だね、いやだよ酔っぱらったねぇ
と再度戻って気が付いた!! ”あーガレキの山になってるやんかー!”

行きつけの銭湯のうち、今年二つ目の閉鎖
広尾の「松の湯」、そしてこの表参道「清水湯」
好きな飲み屋やバーが無くなる度、もっと通えばなくならなかったかも
と後悔するが、銭湯はもっとひどく打ちのめされる
一度なくなったら同じ空気は決して復活しない
あの暖簾をくぐった先の懐かしく暖かい光と、黒々とした夜のガレキの山があまりにも
正反対の風景で、ひどく落ち込んでしまう

「広尾湯」あなただけは私を見捨てないでください
と心で叫びつつ、今日もわたしは広尾の坂を降りて行くのです
勝手に盛り上げ計画を作ってもっていってみようか
[PR]
by omie-L | 2008-05-08 17:35 | つれづれ

動物のお医者さん

設計管理をしている動物病院が、5/15オープンします。
超特急で設計、見積り、工事と進んでいたため
なかなかアップできずにとうとう完成...
オープンを応援するためにも、後追いでご紹介したいと思っています。

場所は伊勢原駅から徒歩10分ほど、伊勢原大神宮のすぐ近く
先生の理想でもある「病気でなくても通ってもらえる病院」をイメージして
待ち合い室は、居心地の良さを意識して計画しています。

犬も猫も人間語が話せないからこそ、信頼できる先生に
お願いしたいですよね。
それには、普段から通えて相談に乗ってくれる
動物病院があればうれしいかぎり。
オープン後は、しつけ教室なども予定されているとのこと、
ホームページができたら改めておしらせいたします。

写真は、待ち合い室の様子と
いつも一生懸命掃除してくれている監督見習いさん
掃除がちきんとできている現場は、完成もきれい、これとても大切なこと
アートプロジェクトさん、ありがとうございます。

produced by ahed
d0074981_16955100.jpg

d0074981_16224813.jpg

[PR]
by omie-L | 2008-05-07 16:10 | 店舗設計