カテゴリ:ひとり飲み日記( 14 )

ベルギービール

d0074981_21115136.jpg

近くにできたベルギービールと料理の
お店にて、久しぶりに飲みつつご飯たべつつの
お仕事。
夕方お腹がすいて、仕事もいきづまり
どうにもならないのに帰ることもできないときは、
少し柔らかい仕事をしつつの
一人飲みが良いと自分では思っております。

生のホワイトアスパラをグリルしたものに
焦がしバターのソースは今の定番、と知ったのは
数年前。
でも最近、海外から
大きなアスパラが日本に入ってこなくなったと聞きました。
今日のはどこのだったのか....、なんて聞くと勿体ないので
聞かなくてよいのです。

久しぶりの白ビールの生はおいしかった。
あ、
少し前に日比谷公園で飲んだんだっけかな〜。

..................................
by OMIE-L | 2011-06-15 21:16 | ひとり飲み日記

いい店見つけてしまった

d0074981_11355169.jpg

先日の研究室の新年会で久しぶりにお会いした方が
実は仕事場がかなり近いことが分かり、
かつ行きつけのお店が私の通勤路の途中にあることが判明。
とはいえ、ここには以前2回ほど行ったことがあって、
なんとなく気になる店ではあったのです。
ジャズレコードジャケットの看板(よく見たら、焼き鳥を焼いている)、
エレピ、店先のカバーがかかったバイク、古い建物、
特に生の鶏が食べられるところが私としては最高に嬉しいのだけれど、
でも、暫く行っていなかった。
タイミングが合わない、そういう店ってある。

一人飲みできるお店が昨年末閉店してしまったし、
でももう終わっていたら素直に帰ろう、と神田に向かう道筋、
大江戸の角を曲がると鳥和可の看板が見えた。
カウンターに座っているお客さんも見えたので、
思い切って木製の扉を開けてみると、
まだ大丈夫ですよ、と声をかけていただく。

カウンターに座ったところで、先に来ていたお客さんから
声をかけられた。「...あ、その後輩だよ。」
ん?「うお!H先輩!」さっそく鉢合わせ。
ちょうど噂をしてくださっていたらしく、手にはヘルメッツラボ通信。
数年ぶりにお会いしたというNew York在住のご友人と
Hさんとマスターと、もろもろいろんなお話をする。
マスターは不思議な魅力で、なかなか男前。
ちょっと一瞬イカツイムードだけれど、お話すると柔らかい。
今回お顔はシークレットにしておこう^^

新鮮な鳥レバーとササミがシンプルで美味しい。
こりゃやばいな、通いそうだな...

ビールとハイボールでもバーの雰囲気を味わえる。
ふいにマスターがジャズピアノを真横で弾きはじめる。
すっごいステキ、なんと贅沢....。このすごさは、
次の日に納得に変わるんだけれど、その話は今度にします。

やばいな、通うかな...通っちゃうな

...............................
by omie-L | 2011-01-13 11:38 | ひとり飲み日記

気心しれた距離

たまに、一人になりたいことがあります。
と言っても一人部屋で籠るのではなく、
(むしろそれは寝るときくらいかも...)
会話する人がいない状態で時間をすごすことを言っています。

場所はその時々で、混雑したドトールでもよく
カッコつけてバーであったり本屋であったり、
銭湯は最高なのですが、広尾湯以上に好きな銭湯が見付けられず。
なんとなくスパイラルビルの2階という選択肢もあります。
そこも、骨董通りのお気に入りのバーがなくなってからは魅力薄。
どうでもいいようで、こだわりがあるようです。
日々、そのための場所を探している意識が
どこかにあるような気がします。

もちろん大勢で話すことも好きで、
たまには、と誘い誘われ二人で飲み語ることもあります。


そして上記の中間に位置するのが、気心しれた店で
一人飲みすること。

美味しいものが食べられて店の人との距離感が適度。
そんな人とはきっと、
あまり話した事がなくても気心が知れていると言っても
よいと思うのです。
常に、周囲に人がいる安心感があるから
たまにこんな我侭を思うのでしょうから、
やはり一人のみは、贅沢な気分です。


ということで、今日は早めにパソコンを閉じて
行ってきます^^

.........................................................
by omie-L | 2010-07-26 20:32 | ひとり飲み日記

スペインバルdeビール!

d0074981_1026315.jpg

ここ2,3年、ちまたでは
赤い壁したスペインバルが増えました。
小こいエスカルゴや生ハム等の簡単なつまみと
ワイン、ビールが飲める気軽なバル=Bar。
人形町交差点にあるこの店は
もう少し本格的に食べることができて
一人でも過ごしやすいカウンターがお気に入り。

手帖整理がてらのプラン検討で先日もお邪魔したところ、
なんと二周年記念で一杯目プレゼント!
vinocava=ヴィノカヴァ(スペインのスパークリング)と
一緒に、桃のスープが出てきました。美味しい。
飲む時に「おめでとうございますー」と
カウンターに声を変えると渋めのお兄ちゃん方も
「あざーっす」と嬉しそう。
レバーのマリネが美味しかった!
写真は二杯目のスペインビールAhanbra。
もっちりしたグラスに注がれて出てきて
飲み応えありでした。

結局その後、SさんFさんご友人も合流されて
(正しくは私が乱入する立場なのに呼び寄せた...)
4人飲みになって奥のテーブル席に移動したのですが、
お店の方が許してくれるなら、
入り口近くのカウンターのままで
半立ち状態で飲むのが良かったかもしれません。

スタンディングはちょいと辛い、でもテーブルじゃ
距離がありすぎる。
半分ハイスツールに腰掛けて4,5人で飲むのは
すごくいいスタイルだと思うのですが、
日本ではなかなかお目にかからないなぁ。

........................................................................
by omie-L | 2010-07-23 11:13 | ひとり飲み日記

白から黒へ

d0074981_2135342.jpg

ほんとうに久しぶりに、
仕事場で一人になったので、
調子良く気兼ねなくビールを飲みながら図面作成。
こうやって一人で飲みながら、何枚の図面を
仕上げただろう。
ブログの中だけでも何枚も登場している。
たまにこういう時間を過ごす事で、
設計の仕事が好きなんだなぁと実感する。
好きでなければとっとと、広尾のあの店や
近所のあの店や、築地のあの愛すべきあの家へ
行っているもの。
図面を引きながら飲むこの時間が
しあわせなんだから、もうどうしようもない。

..........
Tさん、待っていてください。

ものずごくいい家になってきました。
ご心配は不要です。
明日しらふ状態で、ちゃんとチェックも怠りません。
(いい訳でしたないですね...^^)

....葉巻が吸いたくなって来た。
調子に乗って来たので、
そろそろ切り上げなければいけないようです。
by omie-L | 2010-06-08 21:41 | ひとり飲み日記

ご近所レストランテークワトロパッシ

d0074981_17205552.jpg

仕事場から歩いて3分のクワトロパッシでは、週に1回はランチをする。
こじんまりとした店と、
気さくなOさんのもてなしの距離感がすきで、
たまに一人でも飲みにいく。
が、今まで一人で飲んでいる人をみかけたことはない^^
私が好んで一人でいく店は、決まって一人飲み仕様の店ではないもんで、
店の方にはめずらしかられる。そしてちょっと喜んでもらえる。
一人でたのしめる店は、
心地よくなければありえないことを、
飲食のプロはよくしっているから。

カップルやご家族、仲間とわいわい楽しんでいる中で
一人飲みながらつまむのは案外すきで、
心地よい雑音の中計画中のプランを考えると
瞑想の域に近くなるような不思議な気分を楽しめる。

先日も、大切な打ち合わせの後もうひと仕事したかった。
脳みそが興奮しているのを少しクールダウンさせて
紙に落書きの様にプランを書き込む。
ものすごくいい案が出てくるのは、こんな時でもある。

ドラマ新参者には「クワトロ」という店が出てくる。
東野さんはきっと、この店の前を通ったに違いない、と
オーナーOさんに言うのは、私だけではないらしい。

...................
写真は、3種のアンティパスト盛り合わせとビール。
今晩もちょと寄ってみようか。
by omie-L | 2010-05-21 17:24 | ひとり飲み日記

築地暮らし体験中

d0074981_18244371.jpg

昨日夜から、なんと築地暮らしを体験中。
ー神様女将様ありがとうー

帰って鉄扉を開けると
テーブルには一流ホテルも適わないウェルカムセット。

ヒマだったら読んでみては?という
メッセージとともに私の好きそうな二つの本。
デザートワインとコルク抜き。
オーディオ関係の取説と
エアコンのリモコン。

帰りが遅くなったから買出しは明日朝の楽しみにして、
冷蔵庫のもんでつまみをつくって晩酌しよう、と
把手をつかむと「ビール飲み放題」と貼られている。

ここの大家は世界一です。
by omie-L | 2010-01-16 21:16 | ひとり飲み日記

四葉のクローバー

d0074981_22535996.jpg

ひさしぶりに一人で飲みたいと思って
行ったのは地元町田のバークアドリフォリオ
四葉のクローバー=クアドリフォリオ

私にはキレイすぎる位、でもいい店。
Gargery瓶のヴァイツェンを飲んで
お任せで西洋梨のマティーニを飲む。美味しい。
すりこぎでガツガツつぶしていたのは洋梨だったんだね。
ボトルが扉で隠されているのを聞くと、
「バーに並ぶボトルなんて、みな一緒ですから」
という。
「又来ます。」
と、言うしかない。

グラスが薄くていい。きちんと磨かれている。
食べるものもいい。

......


表参道に行ったついでに
大好きだった「緩木堂」に行く。
なかった。これほど凹むことはない。
by omie-L | 2009-11-21 22:56 | ひとり飲み日記

明かりの好き嫌い

d0074981_11254147.jpg

昨日は、ひさしぶりに代々木上原で
まったりした夜を過ごす。

FireKing Cafeで蝋燭の明かりの中、ギネスをのむ。
たまに薄暗い中で飲むのも、頭の中が整理できていいもんだ。
仕事で照明について考えることも多いけれど
つくづく、明るさの種類は奥が深い。
蛍光灯と蝋燭の日は、真反対。
電球色の蛍光灯でも、影の出方は蛍光灯のままだから
印象はやっぱり蛍光灯。
本当に、この世の中から
電球はなくなるんだろうか。
エジソンが考えた、原始的で単純な電球が
本当に否省エネ的なんだろうか。

なんて考えながら、たまの贅沢な時間デシタ。
ちなみに、薄ーいグラスは大好き。これ噛んだら割れるよな...
と考えてしまうほどのぎりぎり感が、
いいのだろう。同じ薄さでも、プラスチックではやはり違う。
素材と、人の感覚のバランスって、やはり面白い。
by omie-L | 2008-09-28 20:46 | ひとり飲み日記

大切なのはBGM

d0074981_21565852.jpg

連載している建築ジャーナルの原稿を仕上げるために
事務所に一人こもる
今回の取材先は小学校だった

こんな時のBGMは素直で無理がない女性の声がいい
で、
orenge pekoe /Organic Plastic Music
..わきあがれ!愛(文字)の泉よ からだ(キーボード)じゅうから
 あきあがれ!七つの海を 全て汲みあげ..

親指つきだしマッサージのあの先生を思い出す
ところも好きな理由だったりするが
ちょっと一人がさみしくて、そんな状態を
たのしませてくれるところがいい

コンビニの嘘くさい寿司にビール
沖漬けに、びっくりするほど堅い木綿豆腐
おやじくささ満載の晩ご飯に、しあわせ感じる乙女だったりする
....
「子供」を想う
校庭を駆け回る彼等
3人の子供たちをつれて彼等を想い地元に帰る彼女
パートナーについて極寒の北国に行った彼女
クライアントの語るうまれたばかりの子供の部屋への夢
私は子供という存在がほんとうに好きだ

幼稚園の先生になろうか建築家になろうか
本気で悩んだ高校2年生
「一緒に泣いてちゃ先生は勤まらないのよ」
と私を分析してくれたハハ

私はどんな子供だったのだろう
子供のいない私がいい子供部屋をつくれるのかという私に
じゃあ優秀なパトロンはいい美術館をつくれるのか、と
叱る先輩
そんなことをぐるぐる想いながら書く原稿
by omie-L | 2008-03-10 21:56 | ひとり飲み日記