生まれてくるもの 古きもの

今日は埼玉の家にて
家具の最終打ち合わせをしました
床の段差が無い=いい家という風潮の中
この家の居間には、大きな段差が二ヶ所あります
ひとつは小上がりのタタミ部屋
もうひとつが埋め込まれたソファー

床を凹ませてはめこむソファーが
この家の顔とも言える大切な役割を担っています
実際に坐り心地を確認できて
デザインや素材も丁寧に対応してくれる事を見込んで
IDEEにオーダーします 
先日は、クライアントご夫妻と一緒に
表参道のショップecarteにて定番商品を元に
デザインの打合せをしました
d0074981_16554179.jpg

写真はIDEEのMr.Kが出来上がりを熱心に説明している風景
(カンフーしているわけではない..)
加えて、定番商品も製作されている家具製作会社の
職人社長も参戦して現場実測
細部にわたって的確にアドバイスいただき
元の計画に細かい改良を加えて最終形を決定しました
いよいよ製作に入ります

今回は、ダイニングテーブルと椅子も合わせてオーダーします
定番家具にソファーと同じ革を使い、木部の色も合わせました
頼んでよかった!と実感できそうな予感
仕上がりが楽しみです
.........
d0074981_16554161.jpg

打合せの後、お昼を食べに定食屋さんへ
その旧街道沿いにはいい建物が点在していた
特にこの、今は空き家の理髪店さん
この理髪店さんのかわいいことといったら!!
中は、使われていたときのまま、本当にそのまま
昭和の空気を閉じ込めひっそりとしていた
ここで何かしたい こんなに魅惑的な建物が
このまま朽ち果てるなんて本当に勿体ない
カフェ?いや 写真?映画!短い映画を撮ってみたい

色んなことをしてきた私ですが
映像を残したいと思わせる建物にあったのは
初めてです
コバ建さん、冗談っぽく言ってましたが本気ですよー
[PR]
by omie-L | 2008-03-18 16:55 | 埼玉の家


<< 和菓子 富久屋さん 気持ちいい収納 >>