東京ミッドタウン 世の中格子だらけ

3/30オープンを控えた東京ミッドタウンのプレミアムプレビューへ
(photo by sasaki)
d0074981_14233242.jpg

d0074981_14232130.jpg

SASAKI BARから見ると、右から東京タワー、六本木ヒルズ、
そしてこの東京ミッドタウンがにょきっと建っている
「Mid(ミッド)town」、自分がヘソ(真ん中)です!
って、よくどこぞの市町村でもうちは日本のヘソですぅ!いえウチです!って
言い合っているのを聞きますね...

六つの建物と周辺公園で構成、広大です
IDEEのKさんにご招待いただいたので、さっそくイースト棟3F
インテリア・デザインエリアに向かう
途中、9坪のHさんに偶然お会いしたキッチン雑貨SAYAは
正面にあるブロック積みが大胆で印象的

IDEEは、ゴージャスな吹き抜けと、巨大クモの巣のような
鉄骨ガラスルーフがかかった外部スペースに挟まれたいいロケーションに
ショップとカフェを併設
シードルとシナモンロールが美味しかった(おかわりしちゃった)
最近のレセプションには必ずウェルカムドリンクやオードブル等が
ふるまわれるようになった 日本もパーティー慣れしてきたというとこか
こなれ度で、企業の場慣れ度がみえる

庭には防衛庁時代からあるクスノキや桜などの大木がライトアップされていて
完成した美しさがある
古めかしぎみの噴水も ぎらぎらゴツイ太鼓橋も
黒い服の人だかりの影がうごめきらめくレストランも
どこか香港にありそな風景でもあり、バブル到来?またすぐ消える?
なんて冷めた気分になっていく
建築がつくる情緒って、商業ビルにはありえないんだろうか

一緒に行った上野さんに導かれて
安藤さん設計のDESIGN SIGHTと裏手にある磯崎新事務所を覗きつつ
路地を歩くと、遠くにミッドタウンのざわめきが見える
やっぱり
香港島の夜景を、海を隔ててみている時の感覚に似ているな

自分のスケールに戻りたくて、4人で国立新美術館裏手になる路地の
飲屋街にて焼き鳥を食らう  ねぎま レバー 砂肝 もも...
一人4000yen也  まあこんだけ飲み食いして六本木にしては安いね
と自分に言い聞かせつつ、俗世界へと戻ってきました
[PR]
by omie-L | 2007-03-27 14:18 | 家づくり日記


<< ソラナカ 心に余韻 >>