豆を煮る暮らし

d0074981_20414773.jpg

私の場合、あまりに狭いキッチンに嫌気がさして
引越を決めました。
その結果、築40年の古いビルをリノベーション、
ウチ飲み仕様のキッチンと大きなカウンターテーブルを作りました。
ある方は雑誌の中で"食堂のようなキッチン”と
表現してくださいました。
ご飯を家で食べることが増え、ペットボトルではない
お茶を入れて飲むことが増え、豆を煮ることが増え...。
暮らしが変わりました。
私の理想は、台所と呼びたくなるようなキッチンです。

料理をする人もホカ弁派の人も、大家族も一人暮らしも、
どんなキッチンが自分らしいか考えることからスタートすると、
想像しやすいのではと思うのです。

キッチンから始まる家づくり、というのは
いかがでしょ。


......................
[PR]
by omie-L | 2013-03-19 20:44


<< 地縄の確認:工事がスタートしました! 雑誌「LiVES vol.6... >>