暮らしのためのdesignスタジオ準備中

d0074981_11285186.jpg

仕事場と自宅を一緒にすることも多い設計事務所、
ですが、
怠け者の私には到底できないことだと割り切って
仕事場を日本橋大伝馬町=Helmets Laboに、
住む所は別にしています。

住むところは当然賃貸マンションです。
最初は寝るだけでいいから、と贅沢なことは考えずに
日当りと窓からの景色で選んだ居住スペースですが、
想像以上にこたえたのはキッチンの使いにくさでした。
巾約90センチにコンロ1口と極小シンク、
料理を作ろうにも食器を洗うにも、「きーきー」言いながら
作ることは、精神衛生上よくないことだと思いました。
部屋に入るとドーンとベッドがあると、お友達も呼びづらく...。
普段ステキな生活のための仕事をしている身としては、
なんとも言えない罪悪感もありました。

でも、かわいい花柄ボーダービニールクロスもちょっとよかったり、
防犯機能として疑問をもっているオートロックよりも
やっぱり玄関に管理人のおじちゃんが必要だな、とか
床が冷たいと足が冷えてスリッパ欲しくなるよね、とか
便器が冷たすぎるとカバーをかけたくなるなるけれどやっぱりイヤだな、
でも便座があたたまるって衛生的によくないな、とか
玄関マットなんて、と思っているけれどホコリが気になるよね、とか

久しぶりに感じる"普通"の居住環境を堪能して
住宅設計に多いに役立つ期間となりました。
......................
前置きが長くなりました。

賃貸スペースにも関わらず、リノベーション工事前にめぐりあい
こちらのリクエストに応えてもらえる
おおらかな小規模ビルの一室が見つかりました。
面積約30㎡、1フロア1ルーム、共有屋上付き。
昨年末から水面下で進めておりましたそのスペースが、
3月に完成します。
その小さな小さなスペースは、
私の実験室でもあり、好きなものを並べる場でもあり、
暮らしのためのdesign(デザイン)という身近なものを
体感できるスペースにしたいと思っています。

展示や教室としても使えるよう、
暫くは、育てていく時間が必要だと思っておりますが、
身近な方にはひっそりとお披露目して、宴をしたいと思っております。
ええ、このすぐ近くに、
いつも生ビールサーバーを借りている酒屋さんがあるんです。


そんなこんなの愛情を込めて、
その部屋には名前をつけようと考えています。

............................
[PR]
by omie-L | 2012-01-19 11:29 | オミエdesignスタジオ


<< 扉について:オミエdesign... 「最高のキッチン・ルームをつく... >>