施工会社の選び方

昨日は、面白法人カヤックにてネコパブリッシングから出る
ムック本に関する取材を受けていました。
リフォームの本で、設計事務所に頼まない人に向けて
「一般の方が施工会社を選ぶときのコツを」と聞かれて
かなり困りました。
3つの設計事務所で座談会をしたのですが、
共通した意見は、

•見積もり項目が細かく、聞くと面倒がらず丁寧に説明するところ
•大まかな値引きを理由もなしにしないところ

確かめる方法としては、数社で相見積もりをして、
説明の方法などで検討した後に、
親身に対応してくれるところを選ぶべき、と
いう話になりました。

それに私が付け足したのは
•施工例と金額を見せてもらえるところ、できれば施主さんに会えるところ
と足しましたが、
でも...、正直建築のプロでなければ見積もりも実例も
いいか悪いかなんて分からないですよね。

見積もり依頼する時のコツはと聞かれて
「施工会社には、最初は使える金額よりも少なめに言う」
と言ったら、他の設計事務所の方はかなり固まっていました...いや、
設計事務所には正直に言った方がいいんですよ!
なにせフィーは別ですから。工事費が変わってもリフォームの場合
基本的に設計料は変えませんし、と言ったらさらに微妙な空気が...。
いや、お施主さんの希望で極端に工事費が増えたら
そのときは事前に言って増えることもありますよ!勿論!!なんて
一人で言って一人でフォローするわたし...
劇団ならぬ、設計事務所ひとり...。

ケースバイケースだからいいづらい、が皆さんの言いたいところ
なのはよーく分かっているのですが、それでは一向に
設計事務所の仕事は雲の中から出てきません、いつも分かりづらい。
まあ多少はっきり言い過ぎているところはありますが、
つきあいがある工務店ならばいざ知らず、
初めておつきあいするなら、やはり全額正直にいうべきでは
ないと思います。また、まったく金額を言わないのも
私はおすすめしません。

で、やっぱり設計事務所にお目付役としても
入ってもらった方がいいですよね、という編集Kさんに
参加者はおおいにうなずくのですが、
その話の流れになるのは(個人的には)イヤなのです、と
思うのです。
設計事務所の仕事は、建築を知らない一般の方にこそ、
よい選択肢だと思っています、が、でも!だからこそ
比較材料として、工務店やリフォーム会社にお願いする
方がよい人はどんな方か、どこに注意すればいいか、を
伝えなければと思うのです。
”設計事務所ぬきの家づくり”に役立つ
コツを言えることは、結局自分の仕事スタイルの
メリットを理解している、ということな訳でして。
帰り道の電車で考えこむのでした。

............
倒産した注文住宅販売会社アーバンエステートの
問題がここ数日大きく取り上げられています。
こんなとき、
小さい会社は不安だから大手に、と
考える人も多くいると思いますが本当にそうでしょうか。
アーバンエステートは倒産前までの表向き売上高は
最高64億、資本金7000万、従業員数480名と
公表されていました。

だからもっともっと大きなハウスメーカー?
でも大手になればなるほど、
実際に施工するのは孫請け会社です。

今年送った年賀通信でもハウスメーカーの家が
気密断熱などの性能に関して万全とは言えない、と
書いていますが、大手は悪いと言いたいのでは
なく、大手だから心配ない訳ないと言いたいのです。

会社の規模は関係ない、これが
私の経験則です。

メンテナンスはやっぱり大手でしょ、これも
全くそう思いません。
私がつきあっている小さな工務店の方が、よっぽど
細やかで本気で
お施主さんの利益を考えて対処しています。
なぜはっきり言えるか、
小さいほど悪い噂が1回立てば致命傷だからです。

でも、大手でもいい担当者はいると思います。
がんばって仕事をつづけている同級生もいます。
(年賀通信はきっと心穏やかでなかったはず、ごめん)
気密測定を全棟やっている会社もあります。
自分にとってのベストな選択肢を見定める必要が
あるわけですが、それを会社の大きさやテレビコマーシャルで
やるのは相当の賭けです。

大きい方が会社がつぶれない?
小さくても、利益額が小さくても
借金が全くなく健全な会社はあります。
むしろ、社員にも下請けさんにもきちっと支払いをしています。
だから、竣工時に全額支払いでokなんて言えません。
基本現金主義で、一人一人の生活をしっかり
支えているからこそ、堅実な仕事をし、なにか
トラブルがあった時に無理も聞くのです。

もうこの際、設計をうちに頼まなくてもいいので
良い、安心できる工務店を紹介しますよ相談してくださいね。
が、私の本音だったりする。

それでも工務店から紹介料なんて、もらいませんからね!> <
もらったら今度仕事をおねがいするとき
強く言えなくなりますから。
気持ちよくビールが飲める仕事ができなくなるのが一番困る。


信頼できる会社どこにもないから家建てられない!という方には
出来高支払いをおすすめします。
でも施工会社がつぶれたときのいわば安心保険料ですから、
これを使うにもお金がかかります。
選択権はお施主さんにあるわけです。

これについてはまた、次回。

ふぅ、ひさしぶりに真面目に家づくりの難しいことに
ついて、書いてしまった....。

.....................................
[PR]
by omie-L | 2011-01-12 11:50 | 家づくり日記


<< いい店見つけてしまった セミナー準備もそろそろ >>