カテゴリ:土間のある暮らし( 1 )

室内履きをつくる:土間のある暮らし

家の室内に土間をつくることをお勧めしているワタクシとしましては、
土間履きルームシューズにいいものがないか日々探しているのですが、
なかなかよいものがありませんでした。
イメージはスリッパより素足に近く、靴下よりしっかりしたもの。
床暖房を入れればかえって靴下くらいが気持ちよいし、
夏も裸足の方がよいこともあるけれど
汗が気になるとか、足の裏への固さをちょっと緩和させたいというのが意図。
フローリングの床に行く時に脱がなくても違和感無く、
脱いだときに床に置いてある姿がしっくりくるものが理想。

そんなとき、おお!と食いついたのが無印からの案内でした。
無印のモカシンルームショーズをつくるワークショップ
先生は靴作家のJUCO.さん。
無印良品渋谷店のお店の一角、いつもはベッドが置いてあるスペースに
特設ワークショップスタジオが出来ていました。
初めてお会いする方達と同じ机に座って、ちくちくちくちくと
同じものをつくる時間を満喫。この感覚は女子だけの特権でしょうか..?
途中から”我がテーブル”と自分達を呼び、
大いに盛り上がったテーブルでした^^
.................
d0074981_14485856.jpg

パーツは2つだけ!既に縫うための穴があいていてロウ引糸で塗っていきます
d0074981_1449505.jpg

ぺろんと立ち上げると、かかと出現!
d0074981_14502034.jpg

甲のパーツを合わせていくときのギャザーがポイント
d0074981_14511340.jpg

両脇にハトメをあけて
d0074981_14521566.jpg

紐テープを通したら完成!革ひもに取り替えると好み...
d0074981_14545471.jpg

中敷きを入れてここまで約2時間。なれると1時間くらいでできそうです。

無印からキットが販売されるといいなぁ。
なにがいいって、自分の部屋のクッションやカーテンと合わせることもできるかも...。
素材として用意されたのは無印ファブリックのあまり布で、
並べてみると、きちんと無印の顔をしている。
軽くて履いている感がないけれど、中敷きはしっかりしていて歩きやすく、
イメージしていた履き心地に近いです。

土間履き用として良さそうです。
実際に履いてバージョンアップさせて、研究してみようと思います。

..........................
[PR]
by omie-L | 2012-02-05 15:04 | 土間のある暮らし | Comments(0)