カテゴリ:オミエdesignスタジオ( 3 )

家のことワークショップvol.1:出汁(だし)をつくる

※終了しました。
 当日の様子はこちらから→facebook-ookawa mieko
d0074981_1515253.jpg

*イベントのおしらせ*
...................................
わたしが暮らしている建物は築39年の味ある鉄骨ビルです。この春ゆるく自分仕様にリノベーション、暮らしを楽しむ場としてつくりました。そこでは、家のこと、ものづくりのこと、暮らしのこと、食のこと呑みのこと....いろんな事を多くの方と共有していきたいと思っています。もう夏、やっとのことでオープニング記念第一弾、ワークショップを企画しました。ということで、じゃん!

「やっぱり食の基本は”出汁(だし)”でしょ!」の一言から決まりました。
...................................
【家のことワークショップvol.1:出汁(だし)をつくる】

かつお節を削って昆布と合わせて一番出汁をとり、素麺つゆにしてお持ち帰りいただきます。作業の後は、ビールと素麺を食べましょう(こっちが主だったりして...)。
ー出汁づくり、そう大変じゃないはずなのになかなか自宅で実践できずに早数年。出汁パックや既製品麺つゆに飽きてきた方は、ぜひご参加ください。日本食の料理人に指導いただきます。
参加希望の方は、下記日程候補からどちらが都合よいかもお知らせください。とりあえずookawaの家見学がてら出汁をつくって今年の夏用のツユが欲しくて、生ビールと素麺が食べたい!という方、ご連絡お待ちしております^^
...................................
申し込み:facebookメッセ−ジでおしらせください。
日程候補:7/21(土)or 8/11(土) pm15:00頃-
場  所:千代田区岩本町ロクマルビル3F → 鳥和可
交  通:日比谷線小伝馬町徒歩3分 神田駅から徒歩8分
詳しくは→http://www.pit-stock.com/forrent/rokumaru.html
参 加 費 :1500円
(素麺つゆを瓶にてお持ち帰り、作業のあとの素麺とワンドリンク付)
....................................
[PR]
by omie-L | 2012-07-05 15:15 | オミエdesignスタジオ

扉について:オミエdesignスタジオ準備中

d0074981_1601222.jpg

現在、千代田区神田にて工事中の
”ウチのスタジオ”は小さいスペースなのでドアは2つのみ。
入り口の鉄扉と木製でガラスが入った框開き戸。
木製ドアはピットストックが、ある診療所から譲り受けたという
中古の木製ドアです。
病院内の作業性を考えてか通常の建具よりも随分と広く、でも
日本の古い建物で使われていたので背は低くw818×h1720。
そのバランスがいい。
もうひとつ白くペイントしてあるかわいい建具もありましたが
迷わずこちらをつけてもらうことにしました。
日頃の設計では開き戸よりも引き戸が圧倒的に多いですが、
今回は開き戸で、私としては新鮮です。

ところで、住宅をご依頼いただくお施主さんからも
ネットで販売しているような中古の建具を購入したいという
お話がよくありますが、新築住宅の場合、
デザインも機能性もバランスが非常に難しいので
よっぽどの上級者(いわるゆツワ者...)でなければお勧めしません。
他のドアは新品で動きもスムーズ、塗装もきれいで傷もないのに、
このドアだけギコギコいうし傷というより汚れもある..となると、
それがストレスになる場合が多く、変に目立ちます。
でも、それでも実物を見て一目惚れした!とか、
取り壊した実家で使われていた、など特別な思いがあるものは
ぜひぜひ取り付けましょう、枠もそれに合わせて曲げてつくりましょう!
と言えます。「覚悟が必要」なことを伝えることが重要なのです。

ウチのアトリエの場合、建物自体も築39年ですから
バランスが非常に^^取れているわけでして、
それでも施工側は相当気を使っていることでしょう。

私は元々、手のかかる物が好きです。
ちょっと動きが悪かったり、壊れては直すその行為と時間が
すきなのです。

長く使い続ける建築とは、本来そうやって手がかかるもので
長持ちさせて育てて行くものだと思って設計をしています。
ですからできれば、住んでいる人の手で直せるような機構が
よいな、と思っています。
............................
[PR]
by omie-L | 2012-01-25 16:00 | オミエdesignスタジオ

暮らしのためのdesignスタジオ準備中

d0074981_11285186.jpg

仕事場と自宅を一緒にすることも多い設計事務所、
ですが、
怠け者の私には到底できないことだと割り切って
仕事場を日本橋大伝馬町=Helmets Laboに、
住む所は別にしています。

住むところは当然賃貸マンションです。
最初は寝るだけでいいから、と贅沢なことは考えずに
日当りと窓からの景色で選んだ居住スペースですが、
想像以上にこたえたのはキッチンの使いにくさでした。
巾約90センチにコンロ1口と極小シンク、
料理を作ろうにも食器を洗うにも、「きーきー」言いながら
作ることは、精神衛生上よくないことだと思いました。
部屋に入るとドーンとベッドがあると、お友達も呼びづらく...。
普段ステキな生活のための仕事をしている身としては、
なんとも言えない罪悪感もありました。

でも、かわいい花柄ボーダービニールクロスもちょっとよかったり、
防犯機能として疑問をもっているオートロックよりも
やっぱり玄関に管理人のおじちゃんが必要だな、とか
床が冷たいと足が冷えてスリッパ欲しくなるよね、とか
便器が冷たすぎるとカバーをかけたくなるなるけれどやっぱりイヤだな、
でも便座があたたまるって衛生的によくないな、とか
玄関マットなんて、と思っているけれどホコリが気になるよね、とか

久しぶりに感じる"普通"の居住環境を堪能して
住宅設計に多いに役立つ期間となりました。
......................
前置きが長くなりました。

賃貸スペースにも関わらず、リノベーション工事前にめぐりあい
こちらのリクエストに応えてもらえる
おおらかな小規模ビルの一室が見つかりました。
面積約30㎡、1フロア1ルーム、共有屋上付き。
昨年末から水面下で進めておりましたそのスペースが、
3月に完成します。
その小さな小さなスペースは、
私の実験室でもあり、好きなものを並べる場でもあり、
暮らしのためのdesign(デザイン)という身近なものを
体感できるスペースにしたいと思っています。

展示や教室としても使えるよう、
暫くは、育てていく時間が必要だと思っておりますが、
身近な方にはひっそりとお披露目して、宴をしたいと思っております。
ええ、このすぐ近くに、
いつも生ビールサーバーを借りている酒屋さんがあるんです。


そんなこんなの愛情を込めて、
その部屋には名前をつけようと考えています。

............................
[PR]
by omie-L | 2012-01-19 11:29 | オミエdesignスタジオ