カテゴリ:進行中!つくばー平屋暮らし( 9 )

木組みの打ち合せ

d0074981_1748513.jpg

つくばで進んでいる木造住宅の木軸について
渡辺建工の加工場で打ち合せをしてきました。
今回は施主ご夫婦にもご参加いただき、
霜村棟梁と監督が調整した内容を検討。
古材も確認して使う材を決定しました。
d0074981_1749715.jpg

末口で400程度ある大きな梁はちょうなで削った上で、
スパン2.5間に掛けられます。
d0074981_1748527.jpg

こんな風に使うんだよ、と実演中。

.............
[PR]
by omie-L | 2012-05-21 17:50 | 進行中!つくばー平屋暮らし

つくばの平屋:配筋検査です

d0074981_18583551.jpg

面積が広く中庭があるこの住宅では
基礎にd10、d13、d16(数字は直径㎜)を使用。
底盤、立ち上がり共に基本d13@200-150厚ですが、
部分的にダブル配筋でコンクリート厚200の底盤もあります。
構造設計者の検討により、定着(鉄筋の重なり長さ)を通常よりも
長く設定している部分もあるため、どちらの方向に曲げるかなどの
施工方法も細かく指示しています。
基礎配筋は、法規や求めるスペックによって変わっていきますし、
既製品ではない私たちが設計する建物の場合、
それぞれの部分に求められるものが自ずと違ってきます。
職人の勘を頼りにしていてはいけないことも多々あります。
でも、その勘をないがしろにすることもありません。

有名な構造家は、新入社員の友人に
「見てなんとなく大丈夫、なんとなく不安、この感覚が大事だ」と
言ったそうです。建築は経験と知識のバランスが必要。
施工側、設計側、互いに常に確認をしながら進んで行く事が重要で、
求められることなのです。
だから、言いにくい関係が一番の大敵。
気になったことはストレートに伝えます。


※写真は作業途中の写真です。
........................................
[PR]
by omie-L | 2012-04-19 19:37 | 進行中!つくばー平屋暮らし

地鎮祭が行われました

d0074981_19581467.jpg

立派な野菜はご実家の畑で採れたもの、
笹竹はご親戚からのお裾分け、
神様にもきっと、
喜んでいただけたでしょう!
とうとう着工です。

.....................
[PR]
by omie-L | 2012-03-21 20:01 | 進行中!つくばー平屋暮らし

今の暮らしに合った古民家のかたち

d0074981_2065792.jpg

天井高が高いと寒い!だから絶対に高くしたくないのです、
というご要望からスタートしたこの住まいですが、
サッシ、断熱、気密の性能などから、
天井を高くしても寒くない住まいを作れることをお話し、
検討を重ねてきました。
結局2段目の梁に天井を貼ることになったのですが、
最終段階まできて「やっぱり梁を見せたいかも..」とご連絡が。
d0074981_2071144.jpg

小屋組を見せるか見せないか、は重要です。
インテリア的な見え方は勿論、
構造体から全ての申請作業にも影響します。
そこで、1/30の部分模型をつくることにしました。
(後ろに写ったコーヒーカップが意外に小さい)
これを見て、最終的な決定を導きたいと思います。

古材を使う部分が模型ではあっさり作られています。
実際は、もっとぐっと落ち着いた雰囲気になります。
天井を貼るかどうか、は相当違いますよね。
もう一段下に梁をかけるか、もかなり悩んだ経緯がありますが、
それは圧迫感があるので、選択しませんでした。

さて、どうなることか。

......................................
[PR]
by omie-L | 2011-10-27 20:09 | 進行中!つくばー平屋暮らし

壁紙モール、カーテンタッセル

d0074981_18523334.jpg

諸々あり、新宿オゾンに行き
輸入中心の壁紙やカーテンなどを扱うショールームにて
図書室に貼るためのサンプルを入手。
並べるとビニールと紙の質感は一目瞭然。
紙はいかにも施工に気を使う質感だけれど、やっぱりいい。
この世界、
いままでほとんど関係がなかったけれど、
いや、ハマったら困るな、と感じてしまいました。

あぶないぞ。


...............................
[PR]
by omie-L | 2011-06-03 19:09 | 進行中!つくばー平屋暮らし

住宅の強さ

d0074981_23281255.jpg

構造計算を必要としない規模の在来木造住宅平屋の計画、
地震を経て、構造的な強さをどう考えるか毎日考えてきました。
コストこのこと、安心のこと、生活のこと、
全てのバランスを考えて、また打ち消して検討して。

繰り返して考えた末に、今日、
構造設計者と改めて打ち合せを行い、
結論を出しました。

筋交いと構造用合板を併用し、地震力に対する壁量は
基準法上最低限とされる数値の2倍を最低限とし、
更に全体のバランスを平面と立面的におこした軸組図を元に再考し、
細かいところを検討しまた引いた目で全体を捉え、
設計者である私が安心して暮らしてもらえると
思える条件を求め出すことができたと思っています。
軸組図は、通常の住宅では書かないことの方が多いのですが、
書いてみて地震力だけでなく風力に対しての
弱点になりうる部分も見つけることができました。
4月から来てくれているスタッフBさんにも頑張ってもらったかいがあった。
ありがとう。

細部と全体。

思いと理屈。

計算と経験。


続く地震をどう捉えて家づくりを進めていくか。
私は改めて、自分の責任の重さを感じています。

Tさん、本当にお待たせいたしました。
後は全ての図面に落とし込んでいくだけです。
あともう少し、お待ちください。
d0074981_23345390.jpg

計算機で風速何mの時に、何センチたわむかを
出す構造設計の羽田野さん。
計算と、感覚で漂いながら的確にこちらの質問に応えてくれる。

................................
[PR]
by omie-L | 2011-04-21 23:37 | 進行中!つくばー平屋暮らし

漆喰について

外、内の壁に漆喰を検討している件で
工務店さんにどこの商品がよいか聞いてみたところ
ムラカシをいつも使っています、との返答にて
さっそく資料請求をしました。
土曜日にも関わらず早急に対応いただき、昨日会う事に。
「消毒として撒いている白い粉、あれが漆喰=消石灰です」
からスタートして面白いエピソード満載。
そりゃそうです、昔からお城に使われているくらい
歴史の長い建築素材。
色々と書きたいことが山ほどある興味深い素材ですが、
それを少しツイッターに書いたら
築地のIさんから
「以前取材に行ったことあるよー」とつぶやき返し。

!ということで、
思わぬところでしっかり復習しました。
すまいとの現場取材ページ:漆喰工場見学

日本家屋を設計し始めると調べることが山ほど出て来て、
出てくるたびに深いことを知って深みにはまる...、
まずは”広く浅く”と
自分に言い聞かせています。


....................................
[PR]
by omie-L | 2011-02-06 12:47 | 進行中!つくばー平屋暮らし

喫茶店ー女鳥羽

d0074981_15111591.jpg

昨日は、筑波の家の施工をお願いする
渡辺建工さんにお邪魔してきました。

遠いですよ...に気合いが入りすぎてか
何度も調べたあげくに1時間早く出てしまったワタシは、
三田線玉戸駅に早々到着。
ちょっと探検、と思い駅ホームを出た。
予想通りなにもないと思いきや、
100m先にちらほら看板が見えるので歩いてみた。
ダイソーやスーパーが見える。
お昼ご飯もありつけるかもしれない。
更に進むと何やら年期が入った建物が。
木製看板によると喫茶店のよう。

女鳥羽ーめとば

カランカランとドアを開けると
重厚な濃い木材の壁と床、大きなランプ、
年代物ジャガーの額入り写真と絵、
じりじり音をたてて首をふる昭和の扇風機、
ふりこ時計がいくつも並んでいる懐かしさ満点の店内。
お客さんは3組ほどでそれぞれ
クリームソーダ、生姜焼きらしい定食
焼きそば、ラーメン....を食べている。

失礼だがそんなに人気(ひとけ)がある場所とは思えず、
でもメニューが豊富で選ぶのに困る、というか
材料は冷凍か...はずれがあるかも、はて、とちょっと尻込み。
ここは素直に聞いてみるのが一番と、
マスターに「おすすめは何ですか?」とほほえみ聞いてみた。
「お薦めいってもだいたい違うもん注文するんだよね」
と言い残して放置された...。
確かにそんなときもある。
きっと何度もくやしい思いをしたのだろう、
マスターごめんと素直に反省...。
「じゃあチキンソテーにします」
じゃあ、が素直じゃない私..
ところがこれが出て来てびっくり、立派でおいしい!
結局アイスコーヒーも入れて日本橋より
ずっと高級な1500円のランチを食す ^^ 。

お会計をしようと店の奥に目をやると、
一段下がったフロアがある。
じっと見るとそこには、ビリヤード台。
それも3ボールと9ボール用がそれぞれずらっと。
さらに奥にもみえる。
暫く見とれたうえ、お願いして写真を撮らせていただいた。
d0074981_15122327.jpg

工務店のW専務に後から話すと、
35年以上は前にあったらしく、
「よくあの店に入りましたね」と笑われる。

こういう店に出会うと映画を撮りたくなる。
前は、寄居の休業中の理髪店。
そして今回は喫茶店ー女鳥羽。
その最盛期の空気を部屋いっぱいに閉じ込めて
今は静かな日差しが差し込んでいる。

............................
[PR]
by omie-L | 2010-09-10 15:13 | 進行中!つくばー平屋暮らし

タオルのたたみ方

d0074981_13461691.jpg

つくばで始まっている平屋の住まい。
先日は奥様と2人で、
収納関係を中心に詳細打ち合わせを行いました。

で、タイトルにあるタオルのたたみ方について。
私がいつも聞く質問の一つにタオルがあります。
バスタオルは家族で共有?一人一枚?毎日洗う?
トイレ、洗面、キッチンまでタオルの掛け方や
収納の仕方の「理想」には個人差があります。

たたんで積み上がったタオル、
いつもの場所にきちんと入ったら幸せです^^
同じサイズでも、先に横に折るか縦に折るか、丸めるか...
全く意識していないか、も含めてお聞きします。
せっかくオーダーで作る収納家具ですし、
部屋も広く使いたいですから、こんな風なこまかい打ち合わせを
一回しておくと、ぐっと使いやすく"気持ちよい"。
さくっときれいに収まれば、片付けも楽しくなるはず。

サイズを厳密にしすぎないところがコツ。
ぎっちりはいただけません。
(ちょっと大きめのタオルにシワが寄ると興ざめです)
適度なゆとり、がいいのです。
[PR]
by omie-L | 2010-07-01 13:46 | 進行中!つくばー平屋暮らし