塗装という技

d0074981_21523358.jpg
壁は、見積もり段階ではビニールクロス貼でした
最も一般的なこの仕上げ材は、出来た時はとってもきれいですが日が経つにつれ、時には次の日には、めくれてはがれて子供がほじって犬はかじり猫はひっかき私はぶつけて下地が見えて・・(悪意はありません;)
どんどん古ぼけて行く素材です
せっかく床を無垢材して、コンクリートという素朴な材料でつくっても、毎日目にする内壁がハリボテってなんか違和感ある
施主kuriさんもずっと悩んでいました

でも予算はかかるし・・・
で、私が社会人なりたての頃にお世話になり、塗装に関して一からご指導いただいた
usamiさんに相談したところ、クロスとほぼ同額で塗装出来る事に!

塗装の壁は最近敬遠されがちですが、もともとはとても「普段使い」なもの、どこにでも使えるポピュラーな方法です
しっとりとした壁は、なんともいえない色気があります
月日がたっても、ヤニ色がまとっても、ちこっとカケても、どこぞのジャズ喫茶にある品位を保ちます
メンテナンスはクロスよりも安心です、全体にも部分的にも、いくらでも色を上から重ねられるからです
機会があれば、ぜひ、気負わず採用してください 後悔した人を私は知りません

d0074981_21523318.jpg
usami親子  二代が仕事をする姿は とても素敵な気持ちにしてくれます
usamiさん、今日で作業はほぼ終了ですね ありがとうございました!
[PR]
by omie-L | 2006-10-05 21:52 | 狛江の家


<< 床を塗る 家に自分の手を加える 夜の職人 >>